ミッドサマーセッションDAY

うわわわわ!もう1週間経っちゃう?!

ということで、大変遅ればせながら
ミッドサマーセッションDAYの御礼&レポート。



インナーチャイルドカード=ICC

「面白い!」と思わないと勉強する気が起きない私。
持っていたのに全然使ってなかった
ICCの勉強をする気になったのはこの時。
過去記事⇒「インナーチャイルドカード」

甘夏先生⇒★と同じく、ICCを作ったイーシャ先生の
プラクティショナー認定を受けている
天海玉紀さん⇒★の講座で学びを深めてきました。

小アルカナ、大アルカナと学び、今回は最後の実践編。
6/12は実質最後のレクチャーパートでしたが、
私はこれが本当に良かった。

玉紀先生のレクチャーは
ICCの知識だけに留まらず、
ご自身の今までの経験を踏まえ、
出し惜しみなく、答えてくれるのです。

この時の様子は玉紀先生のブログで。
『私論(1)タロットカードとインナーチャイルドカードの相違点』⇒★
この記事、是非読んでほしい!
タロットカードとICCの違いがすごくよくわかるから。



樹先生も私も、既にICCは鑑定で使っています。
でも、長時間&複数枚のセッション機会があまりない。
私に至ってはメニュー設定していても、
お客様からのご要望がナイノデスヨ…。
(あ、イベントではICC、とっても人気ですけどね!)

というわけで、この実践編・最終回では
「長時間&複数枚のロングセッションをしたい!」
と樹先生と二人、希望を出しました。



当日のお客様たちは猛者揃い(?)。
もう何度もICCセッションを重ねて、
そのデータを残してきてる方から、
プロ?セミプロ?のタロットリーダー様達まで。
大変豪華な顔ぶれでした。

玉紀さんチーム: 陰陽スプレッド
樹さんチーム: インナーチャイルドカードで探索する天体意識
亜子チーム: レインボーレイアウト7つのチャクラセッション

と3組に分かれ、セッションをしました。

ICCは逆位置を取らないんですよ。
それは、カードについてお話するのを聞けばわかるから。

3組のリーディングを順番にシェアしていったのですが
今回お集まりいただいた皆様のまぁ、健やかなこと!

「シェアさせていただいても大丈夫な方」
という募集に、さっと手をあげて頂くのは
自分を信頼し、自己開示をする勇気がある、
という証拠みたいなものですよね。
さもありなん、です。

みなさまのカード解釈を聞いて
私自身の世界の扉まで、
明るい方に開かれたなぁと感じました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!


そして私のお客様、Mさまからご感想を頂きました。
掲載OK頂きましたので、シェアさせて頂きます!


亜子さん
昨日はありがとうございました😊

タロットに付随しながらも
お伽話のようにリーディングしていくセッションは
とても新鮮で楽しかったです(n´v`n)

シェア会も新しい気づきがあって、すごく勉強になりました☆

今回のチャクラと合わせて行く手法は
すごく亜子さんの良さを引き出しているなぁと
感じました。

欲を言えば、
リーディングの後
自分の弱い部分を強化するヨガのポージングとか、
身体面からの提案もあると
更につぎの展開になる気がして嬉しいなぁと、思いました(´▽`)

これから
亜子さんがあちこち巡業されて
益々ご活躍されることを祈っています( *´艸`)

貴重な体験をありがとうございました❤️


【後日もう一通メールを頂きました】


肝心なことを書き忘れました!

私が一番驚いたのは
亜子さんの書き取りの凄さです!!

IMG_5457.jpg
セッション中は書き取りまくる!
これがお渡しする、7つのチャクラカルテです



私がつらつらと、ストーリーを話す言葉を
あの短い時間の中で
的確に拾い上げて書き取って
しかもそれが、キレイで見やすい!!

占星術の講座の時は
亜子さんが書くシーンにお目にかかることが
あまりなかったので

うぉぉ!
これすごーーーい!!
と、後からそのスキルの高さにおののきました!!

きっと何度も練習して
確実にスキルアップされたのでしょうね(´▽`)

本当にこういう一つ一つの
亜子さんの陰の努力と、
細やかな対応で、クライアントを虜にする
魔術には驚かされます!

やっぱり亜子さんは
魔術師だ!!笑笑


ではでは。

ありがとうございます!それすぐやります!

というわけで、
7つのチャクラセッションご希望の方には
ヨガポーズのご提案もさせて頂きますね。

これ以前、金星アジャストメントの時にやってたの。
懐かし~い!!すっかり忘れてました…。
Mさん、ありがとうございます!

星で時期読みはしてる、
でも今のこのモヤモヤは何?どこからくるんだろう~?!
という、リピーター様にもおススメです。

■雨森亜子 インナーチャイルドメニュー■
●3枚引き 30分/5,000円
●7枚引き 7つのチャクラセッション 60分/10,000円
 *あなたのチャクラカルテ(A4×2枚)&ヨガワンポーズ付


お申し込みは下記フォームから!

お申し込みフォームお申し込み・お問合せ



スポンサーサイト

話しながら見えてくるもの


IMG_5348.jpg

ふたご座新月当日
シンボルビジョンマップ・ワークショップでした


以前、2015年の春分に、この講座をしたのですが、
劇的に人生を変えられたNさんから
あの時の望みは全部叶っちゃった!
だから私には新しいビジョンが必要!
あれ、またやりましょうよ!

とリクエスト頂いて、今回開催の運びとなりました。

ホントは、夏至にやりませんか?って話だったのですが
Nさんのスケジュールの関係で前倒しになり
決まったのがなんと新月の日!

ふたご座新月当日だし、
星周り的にもかき混ぜておくこと大事。
「話して気がつく」要素を入れたかったので
ボードに向かい合う前に
インナーチャイルドカードを引いていただきました。

自分の主題を確認しながら、
他の方がひいたカードについても
ワイワイあれこれ、みんなでコメントしながら意見交換。



これは私の引いたカード
仕事で引くと、ほぼほぼこれ出る『The Wizard』
タロットで法王にあたるカードです
ええ、とてもよろしいんじゃないでしょうか

IMG_5366.jpg 


「あ~!もうなんかスッキリしちゃった!今日は満足!」

というNさん(笑)。
インナーチャイルドカードだけでも、かなり盛り上がりました。
でも!これからが本番ですから!と作業開始。

開催リクエストを頂いたNさんの、
人生や生き方がいかに変化したのか、
そんなお話をNさんにシェアして頂きながら
みなさんどんどん手を動かしていただきました。

ボード完成後は、そこから導き出される
今現在の自分の状態を確認。

「○○したいんですよ~!」といいながら、
全然違うところにウェイト置いてるのを発見できるのは、
いつもこのワークの面白いところです(笑)。

そして○○に近づくためには、
自分の何をどう扱えばいいのかを
お一人づつ確認、アドバイスさせていただきました。

そのシンボル解釈やアドバイスを聞いた皆様、

「もっと貼りたいもの、ある!」
「これ、ボードもっと大きいのに貼りたい!」


と、各自必要なものが出てきたので
ここでは誰もボードに写真を貼らない、
というまさかの事態に…(笑)
これ、次回はコラージュ講座って名前にしようかしら…。


とりあえず、ファーストインプレッションで置いた、現段階。
置いた写真をみなさんでパチリ!
IMG_5347.jpg

全部入りきってなくてすみません

あまり考えずにざくざく貼って頂くのが一番いいのです。
自分の持っている、頭と心の差を
「客観的に見えるようにする」のは
カードやイメージワークの得意分野ですね。



最後は念押しで更に1枚カード引いていただいて終了。
ここに来るまでに色々お話していたので
ご参加者同士のコミニュケーション、バッチリ。

「ほらぁ!やっぱり!!」
と背中をバシバシ叩くオカンが誕生したり、
「Yさんまた○○が出てる!」
とみんなでびっくりしたり。

インナーチャイルドカードだけでも、相当盛り上がりました。

「これ、自分もだけど、今日のみんなが
 これからどうなるのか、すごく気になる!」
「次はいつ頃これやりますか?」
「報告会したい!」

とのお声いただきました。ありがとうございます!

ふたご座新月の結果を持ち寄るなら、
ふたご座満月(11/23)あたりに報告会やるのもいいですね。



いやこれですね、
ちょーっと、モリモリ過ぎて時間オーバーしたので、
次やる時はまたちょっと色々変更したいと思います。

とりあえずこの内容だったら、3時間は必要だった(笑)。

私もやってみた~い!という方いらっしゃいましたら
下記、お申し込みフォームから声かけてくださいね。
2人から開催したいと思います。

お友達やグループなど、知っている人同士でするのも
とても面白いと思いまっす!
私がフォローや解説入れる関係で
6人くらいまでがちょうどいいかと。

お問合せはお気軽にどうぞ!




雨森亜子スケジュール ⇒★

鑑定のご依頼は
お申し込みフォームよりお待ちしています。


お申し込みフォームお申し込み・お問合せ




インド仏教ランチ会でした


IMG_4962.jpg

昨日はインド仏教ランチ会でした。


もともと、この時の「パッと見ホロスコープ」後のランチ会で
ご参加いただいていたインド仏教研究者の方のお話しが面白くて!

その時は時間が足りなかったので、
今度ゆっくり改めて、とお願いしたのがことの始まり。


講師はこの方!

◆梅田愛子プロフィール◆
アコースティック・デュオ「ウールカ」で音楽活動をする傍ら、某仏教学研究所に勤めつつ、某大学院の博士課程に所属。
人呼んで「歌うイン哲女子」。専門は「インド仏教」特に「初期大乗」。
自分は「凡人」で「女性」であるとの目線から「活きた哲学」を学術的に抽出することをモットーとする。
HP https://www.oolka.online/ ⇒★

愛子さんは
「え~?たいした話はしないと思いますよ?
いつも身近で話してる内容だから、
そもそも聞きたい人がいるの??って感じ・・・」

とのことでしたが、はーい!いますよ、ここに!
そして狭い範囲に思った以上、沢山いました。

少人数でゆっくり話したいよね~、ということで
aco_labo(パッと見受講者コミニュニティ)限定募集にしていたのですが
あっという間に想定の倍以上のお申し込みがありましたから(笑)。

愛子さんはそもそも「宗教や歴史に興味があって」
研究者になったわけではない方で、
(研究者になった、このくだりも面白かった)
個人としてはどの信仰にも属していない方です。

独特の経歴や立場だからこそ語れる、
ユニークな視点のお話は、
超マニアックエリアと、日常エリアを行ったりきたり。

「紀元後だとちょっと新し過ぎるから・・・」
「空海は最近の人だよね」
「ほら、いつもみんなブラフマンって○○っていうでしょ?」

などなど、愛子節炸裂!

そうか・・・、空海は「最近の人」なのか・・・。

あとですね、愛子先生、
”いつもみんな”ブラフマンについて、
そんなに話し、してないと思います(笑)!

私はヨガしてる人がまわりに多いから、
普通よりはブラフマンの話がでる環境かもしれませんけど、
それにしたって、そんなに頻度は高くありませんw
パタンジャリ(ギリギリ紀元前?でも人間だ)は
毎日1回は唱えてるけど、
過去1年で何回「ブラフマン」って口に出したっけ・・・(笑)?

そんな日常からディープな環境に携わっている愛子さんだからこそ、
話していただけることの数々、本当に貴重な機会でした!

サンスクリットへの造詣も深い方なので
言語に興味があるご参加者の方からは
そこが興味深かった!とのご感想も頂きました。

日本語になっているサンスクリット語のお話のひとつ、
ダーナ(与える)が派生して旦那になった、というお話を受けて
「もう(夫さんを)旦那ってなんか呼びたくない気が・・・」と
帰りにおっしゃるご参加者さまも(笑)。

今度は言語に絞ったお話を聞くのも面白そうだなぁ~。

気軽なおはなし会、と銘打っていたのにもかかわらず
皆さんしっかり、ノート&ペン持参で、
めちゃめちゃカリカリカリカリ・・・とメモってましたね~。
いや、メモって言うか、しっかりノートとってた。
がっつり大学の講義のような感じと、
日常と非日常との、高低差の激しさ(笑)。

えーと、今回のお話はきっと再現不能(笑)。
ライブの醍醐味、でしたね。
今度募集するときは
「行き先不明!愛子の濃厚イン哲トークショー」かな。
(嘘です今思い付きです)

愛子さんの
「私、これとこれとこれがノンアスです」という自己紹介と
「おお~!だからそんな感じになるんですね?」
というみなさんの反応は、
星語が共通語のaco_laboメンバーだからこそ。
こういうの、いいですね。

愛子さん、ノンアス3つ!(厳しくとると4つノンアス)
というだけで、占星術好きには興味沸く方ですよね。

また何か機会作れたらな~って思ってますので
ご感想&リクエスト、お待ちしております!







雨森亜子 鑑定のご案内はこちらまで
お申し込み・お問合せ

恋愛?結婚?ホロスコープで見る自分の選択眼


谷原さんご自身の結婚にまつわるエピソードが面白いんですよ。
付き合う前に結婚を決めて、自分からプロポーズをしたお話です。



そしてハヌルさんのこちらを読んで納得。
今のお若い方達(冥王星さそり世代あたりね)の方が、
この視点を持っていることが多いように感じます。


この「好き嫌い関係なく」「生活をちゃんと」の視点って
生きていく中で当然ですよね。



鑑定でもこのあたりのお話になること、多いです。

婚活中なんだけどトキメク人がいないんです、とか。
今の彼、大好きだけど、結婚相手として考えると不安で…とか。

婚活でトキメキを最優先にしてしまう人。
恋愛の先に結婚があると信じてる人。



恋愛の先に、結婚がある人
結婚と恋愛は別な人

世の中には、どちらのパターンの正解も溢れてます。

じゃ自分は?
自分と違うタイプの人の成功例を目指してしまうと
なかなか結婚に踏み切れなくなっちゃう。

ということで、ホロスコープから見える
恋愛と結婚の違いを書いてみたいと思います。


*** *** *** *** *** ***

ホロスコープから見える恋愛と結婚の違い、

最初に結論を言うと

太陽と火星のサインが違う人は、
結婚相手と恋愛相手に求めるものに違いがあるんだよ


ってこと。

それを書きたいと思います。



ホロスコープには
好みの異性のタイプが書いてあります。

女性のホロスコープを例にすると
火星・・・彼氏   
太陽・・・結婚相手

男性のホロスコープなら
金星・・・彼女   
月・・・奥さん

前述の星は、何サイン(星座)ですか?
そのサインの特徴が、あなたの好みのタイプです。
これで彼の好みのタイプも分かります。



金星&火星でみるのは「恋愛の相手」

情熱や熱狂。恋愛要素、性的要素。
「グッとくる」「食指が動く」「ゲットする!」
婚外恋愛の相手もここ。


月&太陽は「結婚相手」

精神的な愛情、生きる姿勢と密接に関わります。
「理解者」「空気のような相手」「人生の伴走者」
月と太陽でみるのは広義での人生のパートナー。
深く長い友情や、師弟関係の場合も見受けられます。



女性の方は、ホロスコープの
太陽と火星のサイン(星座)を見てみましょう。

たいていの方は、この二つのサインが違うと思います。
そして違う人は、
恋愛相手と結婚相手を選ぶ基準が違う
ということ。

今お相手をさがしている人(or付き合ってる人)は
恋愛相手に求めるものと
結婚相手に求めるものを
明確に分けてリストアップすることをおススメします。

ここ、ごっちゃにしちゃうと恋愛も結婚もできない!
なんてことに。

そう。
結婚できないのも、恋愛できないのも、
この選択眼のマズさが一因の可能性あり!

婚活してるけど、全然うまく行かない…。
という方は、一度チェックしてみて下さいね。



そして太陽と火星(男性なら月と金星)が同じ方は、
異性に対する好みがブレません。

二つの天体が同じエレメント同士(火・風・地・水)の人も、この傾向あり。

どのサイン(星座)か確認したら、
目移りしないで、決めていきましょう!



火星で選んだ旦那様が悪い、とか
恋愛相手を太陽で選んでることが悪いわけではありませんよ?

今の彼は火星で選んでるから結婚向きじゃないのね!
とか、そんなこともありませんよ。念のため。

「自分はどうなの?」ってことは
お近くの信頼できる占い師に聞いてくださいね。
(ここには到底上げきれない!)



結婚してる周りの人たちのチャートを見せてもらうと
「この彼女は、最初から彼氏じゃなくて旦那さんを探してたもんなぁ。」とか
「”うちのダンナうるさい”って言ってるけど、旦那様、奥さんをずっと彼女扱いだろうよ、これ。」とか
それぞれの関係性が透けて見えます。

まぁ、ぶっちゃけ相手がどうしたこうした、というより、
自分自身が「個人の人生として何を求めるのか?」が
一番大切です。

お互い、そこにフィットしたパートナーシップを持てたらいいですよね、
ってこと。

自分の人生を豊かにするためのパートナーシップは
人生のステージで変わっていくものです。

だから離婚もありだし、結婚しないのもありだと思います。

移り変わる人生のステージに合わせて、
その時に必要なパートナーを考えることは
とても大事だと思います。

結婚してる方もこれは同じ。
パートナーは変わらなくても、
そのパートナーシップは
何度も捉えなおしていくべきですね。



私はどうなのかな?と気になる方は
どうぞ鑑定にお越しくださいね。
パートナーシップは90分コースとなります。

自分で読めるようになりたいな!という方は
いきなりは無理ですけどwそのための第1歩、
西洋占星術基礎講座が4月から開講します。

東京・木曜コース基礎講座 満席(あと2席くらいは増やせる…かも?)
成田・金曜コース基礎講座 残2 


講座日程、鑑定のお申し込みはこちらまで
お申し込み・お問合せ


先週の講座各種レポート!

遅くなりましたが先週の講座の御礼&レポートです。

まずは東京・押上での講座2種。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
IMG_4488.jpg


午前中が「パッと見ホロスコープ」
ランチ挟んで午後は「やりなおし基礎講座」でした。

IMG_4487.jpg


午前中の「パッと見」は、かなり詳しい方が多くて
質問がまぁ高度(笑)!
初心者の方が目を白黒させる場面も…。
(でも周囲の方達が寄ってたかってフォローしてくれる(笑))

高度な質問の方には
「そこあえて省いてます。まずここを考えてから
分かる方は+αで考えあわせてみて下さいね。」
「そこは混乱するので、パッと見ではカットしました。」
と、ザクザクと進ませて頂きました。

もちろん質問は随時OK!
ただ、お答えする場合と、ごめんね、する場合があります。

その理由は2つ。

まず、パッと見は2時間に色々詰め込んでますから
それ答えちゃうと時間オーバーしちゃう!という事(笑)。

そしてこっちがメインの理由!
どこを切り捨ててどこを優先するか?という事を
カリキュラムを考える時に吟味しているから。


高度な質問ができる方は、既に自分以外のチャートも
きっと既に色々見ている方達。
パッと見の手法を使って、更に深いリーディングを
していただけるようになると思います。

まったく初めての方には、
この先、混乱しないための基礎を。

この先「ちゃんと占星術勉強してみたいな」と思った時、
独学で深めていきたいな、と思った時、
安心して戻れる手順として、どうぞ何度も繰り返してくださいね。



ランチは午後の「やりなおし基礎」の方も合流。
色々なお話が飛び交って盛り上がり、
1時間のランチではだいぶ物足りない感じでしたね。

成田開催の講座前後でランチする場合は
1時間半~2時間くらい、お時間とってますので
今度は是非成田にもいらしてくださいね!



午後は「やりなおし基礎」2回目、最終回。
こちらは質問メインの講座。

この講座は初開催だったのですが
全然基礎じゃないレベルの方達にご参加いただきまして(笑)
基礎を確認しつつ、がっつり中級レベル以上!
ほぼ、カスタマイズ講座となりました。

実感を伴った読みや質問を頂きながらで
爆笑につぐ、爆笑!火の月の面白エピソード満載!
「火は衝動!」とテキストにグリグリ書いていただきました。

今度はお題絞ったシングル講座もできたらいいな、と思います。

まずは親子占星術あたり、いかがでしょう?
多分開催は4月以降・・・かな?

ご興味ある方はお名前リストインしておきますので
お気軽にメールくださいませ。
優先的にお知らせさせて頂きたいと思います。

*** *** *** *** *** ***


翌日は私のホーム、成田のはしらカフェで講座2種。

この日はみずがめ座の日蝕、旧暦のお正月の当日。

みずがめ座日蝕ランチ会の前に、
数時間前に偶然予定があったお友達と、成田山へ参拝。
なんと彼女は明日がお誕生日。
今日が日蝕とか春節とか、全然知らなかった彼女(笑)。

自然とこういうタイミングで動いてる人って
大抵流れに乗っていける人だ。

IMG_4489.jpg


その後、みずがめ座日蝕ランチ会へ。

今日がお誕生日、という方にご参加いただいたのですが
(さっきの友人とはまた別!)
この方のお話が、まぁすごかったんですよ~!

ランチ会では、これから半年の展望を、
全体についてと、お一人づつに向けてと、お話したのですが、
このお誕生日の方は、その星から導き出した予測を
既に現実化した動きの中にいらっしゃったんです。

詳細ここで言えないのがもどかしいのですが、
今後みなさまの身近にも届くであろう商材の
ビッグビジネスが進んでいらっしゃる、というお話。

「星の象意が目一杯表現されるってこういうことなんだ!」
と、私含めて他のご参加者みんなで、しばし感動に浸る…。
良いお話きかせていただきました。今後のご活躍が楽しみ。
いつかここでもご紹介できたらいいなぁ。

IMG_4490.jpg
なつかしい!この折り方!
キラキラのリボンタイつきのポチ袋に
ご参加費用をいれてくださいました



ランチ会のあとはメンバー入れ替わって土星WS。
ご参加者の皆様が、特殊スキル持ちの個人営業者。

土星のお話って大抵みんな
「・・・はぁ(溜息)。ですよね…。はい。やります…。」
ってなることが多いのですが、この日は違った!!!

なぜならみんなすでに「やってる」方達ばかり。

ネイタルチャートで表現される、
土星の象意があらわす苦手と言われる部分を
「当たり前」「いや、やらざるを得ないでしょ?」
となんとも軽やかに、あったりまえにやってらっしゃる。

土星は「必要な訓練」。
自律的に目標にむけてコントロールする、ということを
公私で長年繰り返されていると、確かな自信となるのです。
みなさんまだ土星期じゃないのに!
専門的な職種、ということも
ポジティブに実現されている理由でしょうね。

えー!みなさんに比べたら私はまだまだ・・・
なんて途中までおっしゃってた方も

他の方からのご提案に
「あぁ、それは前職でやってましたから全然できます。
あれ?もしかして、こういうことでいいんですか?」
そうです。それです(笑)!

当たり前に身についている、やり続けている事。
それが土星のもたらす恩恵となるのです。
プロフェショナルな個人事業主さん達って
絶対土星使ってますね。使わざるを得ない。

この日、多彩かつ前向きな土星の表現をたっぷり伺えました。
着実なステップは、夢ではなく野望ですね。
2020年に、またこのメンバーで振り返りができたらうれしいな。

ありがとうございました!

Page top