ここから1年


201703202307367e5.jpg

成田空港にて「星のコンサルテーション」
海外在住のお客様を空港でお見送りです



春分ですね。

今日は占星術的お正月の日。元旦です。

純粋で勢いのあるエネルギーが流れ出す
おひつじ座スタートの日となります。

この宇宙的お正月で設定するのは

環境にも他人にも理由を求めない
自分主体の湧き上がる情熱


これから始まる1年間を照らす意欲です。

今日のチャートから読み取れることは
これから一年間の指針となると共に、
主にこれから3か月間、6/21の夏至までに
特に強く意識されることなるでしょう。



東京チャートを見ると
この春分から夏至までの流れは、
環境に大きな変化をもたらしそうです。

奉仕と自己調整の場に太陽があり
どのような環境で働くのか?
自分をどうやって律していくのか?

こんな事を問われています。

目的を設定すると、
そこに向かって喜びと共に
相応しい方法を選択しながら
進んでいけそうです。

実はこの目的、
自分を刷新した先にあるもの。
変化と成功はセットです。

まずはマインドセットを変える。

今ここがちょうど転換点だと心得て下さい。

あくまで自分のペースでいいのです。それで正解。
堅実に進めて。

丁寧に、繊細に、
目を配り手を入れることを怠らず
自分でできることを磨き上げていきましょう。

それを何度も環境へと投げかけ
チャレンジを繰り返しましょう。


あなたが発揮する個性や活動が広がると
それに賛同し、応援してくれる人が
思わぬところから、現れそうです。

そうして「本来の自分」として繋がった人とは
これから先、価値ある関係を
ゆっくりと、でも確実な基盤として
築いていくことになりそうです。




3月、本当に目まぐるしくて
沢山の人たちから、沢山のものを頂いています。
このブログでもシェアしたいなぁと
頭の片隅ではいつも思いつつ
自分でまだまだ咀嚼できていないので
うーん、文字に起こせません(笑)。

リアルでお会いしてる方達には、
そんなモグモグしてる最中のものを
一緒に味わって頂いてます(笑)。

というわけで今週23日(木)の星読み練習会は
まだお席ございますので
是非星語りをしに、成田にお越しくださいませ。

お時間あれば終了後、
おいしいはしらデリ&カフェのランチもご一緒に!



春分チャート、私、個人的に影響ありの「関係者」なので
この流れ、本当に、変わらざるを得ないなぁと思います。

3月の雨森亜子⇒★

スポンサーサイト

見えないことにふりまわされる時期ですから

3月の雨森亜子⇒★

IMG_1732.jpg

ムスメ作 ピクミン 謎の創作意欲を発揮
手を放すと頭パッカンと割れちゃうんだよ



今あちこちで「みえない」不安を感じてる人が多いようです。

昨日の朝、水星がおひつじ座へと入ったので
「前へと進みたい」
「状況を打破したい」
「今すぐできることは?」

など、どうしても先走りがち。

動けないイライラ、決まらない焦燥感など
ないまぜになった不安感が噴出しています。

まだ太陽がうお座にあるこの時期は
そのまま不安定な状態を しっかりと味わって頂く
というのが
正直なところ一番いいと思います。

ここで決定しなくてもいいものは
あえて答えを出さない、というのも
一つの有効な方法です。

3/20の春分以降、状況は流れ出してくると思います。



2/26のうお座での日蝕⇒★
3/12のおとめ座満月⇒★

この流れは本当にダイナミックで、そんな中、
いつものようには「自分で」ハンドリングできない
ということが焦りにつながっているようです。

ほんとは夜って暗いものですけど
現代社会は電気がついていて、明るいのが当たり前。

そんな感じで、本当は手放す季節なのに、
握りしめたくなっちゃう時っていうのは

ちょっと休息が足りてなかったりとか
ちょっと頭を使い過ぎていたりとか

自然の流れや、カラダの本能的な部分の声を
聞けてないのかもしれませんね。

毎年巡ってくる太陽うお座シーズンは
この「自分ではどうしようもない」という
強い流れに放り込まれる時期です。

狙ったところに着地しないし
立ち消えてしまう事もあるし
自分が大きく割を喰うようなこともある。


それと同じくらい
流されていった先が結果オールOKだったり
思わぬところから手が差し伸べられたり
大きな流れに守られている事を実感したりする。

2015年11/12におとめ座に入ったドラゴンヘッドは
今年2017年5/10にしし座へ入ります。

ということは、2/26の日蝕が
おとめ座での最後の蝕だったわけです。

おとめ座とうお座というのは表裏一体。
コントロールできるものとできないもの。
緊張と弛緩の関係です。

この「蝕」の影響が働いているので
現在は人とのご縁の切り替えがダイナミック。

いつもだったらコントロールできることが
良くも悪くもコントロール不能になる。

影響範囲がいつもよりもずっと広くて
気持ちも実務もかき乱される。

そんな感じだと思います。

おとめ座にドラゴンヘッドがあるということは
うお座にドラゴンテイルがあるんですね。

ドラゴンテイルは
前世からの因縁や精神的な繋がり、
場合によっては腐れ縁なども意味します。

そんなテイルが
精神領域のうお座にある最後の蝕の時期
ということは
精神的な大浄化、デトックス、手放しの時です。

あって当たり前
心の拠り所
表沙汰ではない繋がり


そんなご縁に関して、大きな動きがでる時。

不可避でコントロール不能。
自然で大きな流れの中の分岐点です。

これは自分に見合った大河へと注ぐための分岐点

やりきった先に委ねる
突き詰めた後に緩める

それを学ぶために、一年一度巡ってくる
うお座太陽シーズンですから。

さなぎの中身がドロドロに溶けるのは
芋虫から蝶になるまでに必要な過程です。

3/20には新しいサイクルへと抜け出します。

それまでに何もかも溶かして、混ぜ合わせておかないと。

どんな形に化けるのかは、お楽しみ、ですよ。

動機のでどころ ~金星逆行~

3月の雨森亜子⇒★


金星の逆行が土曜の夜から始まってます。
逆行期間は3/4~4/15まで。

逆行する天体は「振り返り」「反芻」を促します。
味わい直して、見直すため。
気付かなかった細部にまで、目と手を伸ばすため。

ここで振り返っておくことは、
来年以降を迷いなく、喜びと共に進むため
とても大事な下準備となります。
(ってまだ3月ですがね…。すぐよ、すぐ。)

2017年の後半には社会天体・土星が
3年ぶりにサインを移動するという
大きなイベントが待っています。
(12/20の土星やぎ座入り)

この前に「自分個人としての喜び」を
しっかりと味わっておく。把握しておく。

これはとてもとても、大事なこと。

なぜかというと、やぎ座へと土星が移動すると
今以上に「結果」を問われる社会になるからです。

やぎ座土星期に求められることは
「社会の歯車」「パーツ」となる自分を
ちゃんと提供できるか?ということ。

なので今ここで
「自分の喜び」「自分の感受性」を
ぎゅうぎゅうに確認しておかないと

これから迎えるやぎ座土星期に
つまらない、楽しくない、でも抜けられない、
評価されない、使い捨てられる…

なんていう、恐ろしいことになりかねない。

これっぽっちも、嬉しくも楽しくもないことを続けるのは至難の業。

だから今、このタイミングで
自分個人としての
「よろこび」「心地よさ」「楽しみ」
をちゃんと把握しておく。

大変=嫌な事、とは限りませんよね。
喜びややりがいを伴う大変さなら、継続的に力を注げます。

息切れせずにやぎ座土星期を乗り越えてゆくため
個人としての喜びは
モチベーションを保つために必要です。


そしてこれから先、
あなたが社会へ提供するものの中に
個人としての喜びをどう込めていくのか?

それもしっかり考えておく。

まだ9か月くらいありますけど、
「好き」を確認できるのは、この金星逆行時が最適。
12星座のスタートポイントでもありますしね。

うお座で手放し、おひつじ座でスタート。

金星が行き来する うお座からおひつじ座への流れは
「みんなのもの」「自分固有のもの」

うお座での金星は最高にその力を発揮します。
受け入れ、際限なく広がる愛、です。

おひつじ座での金星は
その受容性を少し落とし、外へと向かいたがり
荒々しい側面が出てきます。

金星は、この間を行ったり来たりします。

深く広がる無限の愛を感じ、受け止め、
自分もその無限の愛の一部なんだ、
ということを受容したら

今度は自分個人として
どう感じ取ったのか?何へ愛情を向けているのか?を
衝動的に世界へ押し出して行こうとします。

この逆行期間で掴み取るのは
「喜びの動機」

手放し、委ね、受け入れることでしか
感じ取れないものもあるのです。

「恥も外聞もなく」や「大人げない」じゃないと
掴み取れないものもあるんです。

受動と能動を行き来しながら
あなただけの「喜びを満たすもの」を探し当てましょう。




追記は金星スケジュール。

小出しにできないタイプですみません。
該当時期に分割して出そうかな…。

よかったら後から見直してみて下さいね。



定位置に戻す・場所を空ける

今日は大寒、みずがめ座期間のスタート。
朝方、さそり座で下弦の月でした。


下弦の月は店仕舞いの準備、って感じですね。

ここまでの勢いで散らばった物事は
あるべき場所へとキチンと戻して

新しく得たものがあれば、それを据える場所を、
今いる場所の中に新たに確保する。

新たなものを納めるスペースがなければ、
今現在、不必要なものを選別して手放す。

そしてまた新しいサイクルに向かって
全てを整然と整えておく。
次のタイミングに、すぐに動き出せるように。

来週の土曜日28日のみずがめ座新月までの
この一週間で整えておきましょう。

***

さそりの月の店仕舞い、は
こだわりや執着の選別です。

特に深い感情を伴う人間関係。
自分が愛情を注ぐモノゴトの全て。

本当にこれは必要なのかな?
と考える時間です。

必要じゃなくて、執着かもしれません。
そして実はもう、今のあなたには必要ないのかもしれません。

個人を殺さないで繋がりあう、相互理解や
新しいコミニュケーションフィールドの広がりが
この先に見えてきています。

手放したからといって、すっかり壊れる訳じゃない。

今までとは少し違った形で
無理なく、もっと軽やかに繋がりあえるようになるために
握りしめていた手を、ほんのちょっと離してみましょうか。

新しい風を入れるため、スペースが必要になっています。

発車オーライ!

1/19(木)星読み練習会は満席となりました。
ありがとうございます。

1/13(金)パッと見ホロスコープ
1/18(水)カラダのリズムと月の満ち欠け

こちらはまだまだ募集中です!




8日に水星が順行となりました。
とはいえ、スピードが出てくるのは来週頭くらいですね。

・順行から逆行へ
・逆行から順行へ
・止まってしまう「留」と言われる状態

天体が進行方向や速度を変える時は
たいていゴタゴタしがちですが

今回はなんというか
「待ってました!」感がありますよ。



水星の逆行についてはここに書いてますが
2016.12/19記事 「タマシイを込める!水星逆行」⇒★

やぎ ⇒ いて ⇒ やぎの、この流れは


現実 ⇒ 情熱 ⇒ 現実と、いうこと。


水星が逆行して取りに戻った忘れ物は

情熱  向上心  精神性



「やっぱり自分はこれをやりたい!」

「私はこう思ってる、を大声で伝えたい!」

「行きたい方向はこっちってわかった!」


こんな気持ちの具現化のために
現実的、かつ具体的な1歩を踏み出していく、
という流れだったんですね。

さて、これを読んでる皆様は
忘れ物を無事、ピックアップできたでしょうか?



その水星が逆行を終えた途端、
全ての天体が順行となります。

…だから?

と思われる方も多いと思いますが(笑)
意外とないんですよね、逆行天体ゼロの時って。

この「意外とない」期間が2/6まで続きます。

ちなみに去年、2016年の全天体順行期間は
1/1~1/5の5日間しか、ありませんでした。

順行天体は、本来の力をスムーズに発揮します。

なので水星が戻った途端、
「忘れ物はもうないよね?じゃみんな行くよ~!」
と、なるわけです。

なので宇宙の流れに渋滞なし!

よっ!待ってました!


とんとんと~ん、と進む、ということは
スピード勝負の活動宮さん達は
(おひつじ・かに・てんびん・やぎ)
更にスピードが上がる。

その分、やりっぱなしやアラも出てくるので、
そこを柔軟宮さん達が
(ふたご・おとめ・いて・うお)
拾い上げてフォローする。

9日の朝7時過ぎに月がふたご座へ移ると
13日の月しし座入りまで、固定宮に天体はゼロ。

実質的には太陽みずがめ座、月がさそり入りする20日まで
固定宮チーム(おうし・しし・さそり・みずがめ)
ちょっと浮足立ちそうですね。(私もここだ)

慣れないスピードに飲まれないよう、
頑張って流れについていきましょう(笑)!



Page top