GWは中野トナカイで あおさんと握手!

先月に続き再登板、4月中野トナカイOJTに「いつみあお」さん登場です。
もう明日ですね、早いもんです。

予約するとワンポイントおしゃれアドバイスがつくよ!いいね!
これ、単なるおしゃれ好きが、ちょっとアドバイスしてみた、っていう訳じゃないですよ。
そこは占星術師、当然星読みベースです。

出生図(ネイタルチャートともいいます)には
その人の「おしゃれ」のヒントが書いてあるんです。

好きなおしゃれ
心地いいおしゃれ
似合うおしゃれ
その時の気分によるおしゃれ

これ、全部違ったりしますのでね。
今現在、どれを基準にして、日々のおしゃれをしているかは、人それぞれ違ってます。
今回のあおさん西洋占星術メニュー予約特典、おしゃれワンポイントアドバイスは
いつもの自分とは違う、自分が変わるきっかけになるおしゃれを、
きっと提案してくれるはずですよ。
すぐ予約して!ほら!→

あと、ブログでいつも拝見してる「今日のカード」のコーナー、あれ、面白いですよね。
あんな感じで読んでもらえるのかなー?ワクワクしちゃうわ。

タロットなら10分でさっくり。
中野付近で時間がふと空いたら、混んでるスタバとか行かないで、
自販機でお茶買ってトナカイへGO!
あおさんが待ってますよ~。
スポンサーサイト

溜め込む → 吐き出す 


満月直前25日の話。
奥様テニスの休憩時間に
「あ~手がむくんでるのかな?なんかラケット握りにくいわ」
とAさん。
私もだよ~!あ、明日が満月だから、今日が一番ツラいかもね~って話したら、
その場の皆さん「???」となりまして。
あれ?これって人によっては馴染みのないトピックかしら?と思い、今日はその話を。


新月へ向かう時は排出、放出。
満月へ向う時は溜め込み、吸収。

新月はダウナー 落ち着く 落ち込む 内省的。
満月はアッパー 高揚 イライラ 外向的。


新月、満月の前後数日間は、潮の満ち引きの差が大きくなるので、これを大潮、といいます。
上弦、下弦の月の時は、この差が小さくなり、小潮といいます。
干潮・満潮はどうして起こるのですか?これ、わかりやすいです。
日食月食のトピックもありますね。興味のある方はどうぞ。

人間の体は約70パーセントくらいは水分です。
潮が重力でひっぱられるならば、重力で立ってる人間の体の中の水分も
引っ張られて不思議はない、はず。

私のやってるヨガでは、新月満月の日はお休みしましょう、と言われています。
今はのんびりですが、2年程、毎日熱心にヨガをしていた時期がありました。
毎日していると、体の様子に敏感になり、観察力が高まります。
ただまっすぐ立つだけでも、満月近くは体がフラフラしがちでした。
なんか今日、ふらつくなー?とカレンダーをチェックしたら、あら満月もうすぐだ、って具合。

満月へ向かう時期は気分が積極的になります。
ふと気づくと、いつもよりチャレンジポーズに果敢に取り組みがち。
無理すると怪我の原因になるので、意識して自重するようにしていました。
新月近くになると、体が重くなりますが、気分は落ち着いた状態を保ちやすいです。
やる気がでない、という現れ方をする時もあります。
そんな時は思い切って、瞑想や呼吸法中心のヨガに切り替えたり。


満月直前は溜め込みMAX。お月様と一緒で体も膨らむのです。
食べたモノが身になりやすい時期で、水分その他を溜め込んでしまいます。
これが満月を迎えて新月へ向かうサイクルへ入ると、一気に排出モード。
たまった水分も抜けやすくなります。

月経があり、出産を体験する女性は、男性よりこのあたり体感を得やすいと思います。
新月満月の大潮の前後に出産が多い、なんて話は、
経産婦なら一度は耳にした事はありませんか?
自然相手の生活をしてる人にも、わりと日常的な話のようですね。
男性でも、釣りをしている先輩や、サーフィンをしているうちの弟なんかは、
潮の満ち引きのチェックは生活の一部です。

月?潮?何それ??聞いたことないけど?って女性でも、
生理前は食欲に歯止めがかからない、体がむくむ、便秘になる、なんていう現象に
心当たりがあったり、この記事冒頭のテニス奥様との話のように、
友達との何気ない会話の中で、体調の話題として出る事があるのではないでしょうか?


なんかむくみがいつもよりひどいよ!とか、
はぁ、なんだか気分があがんないわ。って時、
ちょっと月の状態をチェックしてみてください。

ふむふむ、満月過ぎたら水分抜けてくるから、あと少しの辛抱ね、とか
新月越えたら、エンジンかかってくるはず!今は無理せずのんびりしとこ、とか
やみくもに悩まず済んじゃうこともあると思いまーす。

満月読み

新月読みの次が満月読み。
4月って色々あるわね。ふう。
リア充って事で。


***

4月26日4:56、蠍座6度で満月です。
今回の満月は部分月食。
食、というだけに、一部、満月が食べられたように見えます。
満月なのにちょいと欠けて見えるそうです。
これは太陽と月の間に地球が入って、地球が月に影を落としてるそうです。
月のかけた黒い部分が、地球の陰って訳ですね。

***

蠍座6度のサビアンシンボルは「ゴールドラッシュ」。
一攫千金をめざし、こぞって故郷から飛び出す様子を表しています。
夢を実現させるために、家族や慣れ親しんだ環境を後に残し、
えいやっと飛び出しますが、砂金を探す行為自体は、とても辛くて地道な作業です。
単純でつらい作業にまけないように、目標を定め、自分で自分を鼓舞します。

満月の配置は180度。月と太陽が向かい合っています。
月が動機なら、太陽は目標。

動機の月は蠍座で、関わる対象を選びます。縄張り意識が強いのです。
深く深く考えた上で、自分の腹がぐっと決まる、という事ですね。
ここでの決心は、そばに土星もあるので、そうそう揺らぐものではありません。
土星は、誰から見ても納得できるような、根本的な部分までモノゴトを絞っていく天体です。
様々な価値観がありますが、土星が絞った物事は、社会の中で、広く、ある一定の価値を持ちます。
腹をくくった責任感で、太陽の目標に向かい合います。

その目標である、牡牛座の太陽は、手に掴めるもの、形のあるものに価値を置きます。
牡牛座の価値観は、完全に自分軸です。
他の人がいいよ、と言っても、自分が納得しないものであれば、それは無価値なのです。

この牡牛太陽に、やる気、情熱の火星が合。
牡牛座での火星は、炭の熾火のような持続力のある炎となります。
太陽と火星の組み合わせは、ちょっと盛り上がり過ぎて、とっ散らかりがちなところがあるのですが、
今回の満月では、基本「自分の世界」で事を済ませる牡牛座での合。
対抗から月土星合が、溢れすぎてとっ散らかり気味な情熱を取捨選択し、
今の自分が持てるだけ、引き受けられるだけの、必要最小限に絞り込みます。

なので、残るのは本当にやりたい、本当にやるべき価値のあるもの。
東京で出したホロスコープでは、アセンダントと太陽火星合。
これから、というよりは、周りから見たあなたは既に、
その価値のあるものに向かい合っているように見えるかもしれません。

取り組む課題は人それぞれですが、アセンダント支配星である金星が、
定座の牡牛座に入っています。
素敵な音楽、おいしいもの、うつくしいもの、肌触りのいいもの、香り高いもの、など
牡牛座の象徴する五感に訴えかけるものを通して、今回の星回りに乗っていく人は、
完全に自分の好きだけで追求している事であっても、それに楽しく取り組んでいるのであれば、
その楽しさに人が自然と集まってくる事になるでしょう。



牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座は今までのスピード感に待ったがかかって、
少しやりづらいかもしれません。
4月前半でめまぐるしく起こった出来事を、もう一度しっかり吟味し、
自分なりの発信方法を考えてください。

牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座は、ここが決め時。決まればあとは地道にやるだけ。
それって、地味でつまらない事だったりするかもしれませんが、
しっかり取り組むことで、そこに面白さが見つかるのを、
実感としてちゃんとわかっているのも、この人達です。

双子座、乙女座、射手座、魚座は、基本外部からの刺激がないと、実感を持ち辛い人達。
今回の満月での「自分実感重視」の空気感の中では、戸惑うことも多いでしょう。
でも人と人とをつなげたり、物事を関連付けてつなげていくのは、この人達です。
誰かの発信した「好き!いい!」があなた独自のアンテナでキャッチされた時、
そこからが本領発揮です。

新月読み

4月10日18:35、牡羊座の新月でした。
終わっちゃったけど新月読みしまっす。新年度スタートだしね。


新月とは、地球から見て、太陽と月が重なる時。
太陽が照らしている月の部分が、地球から見えない時が新月です。
夜空は暗くなり、星がよく見える日でもありますね。

新月から満月のサイクルは、新月→スタート、満月→完成、です。
ただ、月の動きは目に見えて早いので、大きな運命の流れ、どーん!というのではなく
日々の積み重ねや些細な部分へ、どう意識をもっていくかという事を見ます。
でも、結局は日々の積み重ねが一番大事なのです。
あだやおろそかにはできないのが月なのです、という事で、新月読み。

***

今回の新月は牡羊座の6室。
サビアンシンボルは「リングに上がる拳闘士」です。
個人調整の6室が、ひらめきの牡羊色に満たされています。自分ルール!
ここに水星以外の個人天体がほぼ合で集結。火星と天王星も牡羊座です。
自分の可能性やアイデアが、楽しさや軽やかさを伴って、ふつふつと湧き上がる様子です。
でも、まだここでは誰かに見せよう、とか、あの人と一緒に、という他者の視点は想定しない。
あくまで「自分!」が主体。自分への前向きな期待感です。
年度始めには、ちょっとかかり過ぎな位。風船をパンパンにふくらましてる最中のイメージ。

その風船を「パン!」と割って、周りの人をびっくりさせるのは、
水星が牡羊座に入って、月が天王星とセクスタイルを作ってくる4/14以降。
ここから、個人の勢いと多少の大風呂敷が、仲間を集結して、26日の満月に向けて、
実現可能なプロジェクトのスタート体制まで、スピーディーに整えていくような流れです。

この半月で、深く付き合っていくチームがガチっと組みあがりそうですね。
やる気のある拳闘士を生かすには、優秀なセコンドも必要。
荒削りながら、実力もやる気もある、
じゃ、ルールもしっかり叩き込まないとね、という事。

会社なんかだと、やる気ありありの新人ちゃんチームが内輪で盛り上がるのを、
先輩が、会社事情や社会ルールを踏まえた上で、上手にサポートして
じゃ、君たちでその案件立ち上げてやってみなよ?って感じ。小っちゃい規模でもいいんです。
意外といいもの出してきそうよ。


Page top