蠍座24度の満月読み


5/23(金)のワークショップ
『ふたご座8度の新月 & 水星が逆行する時は?』
ただいまご参加、受付中! 
=★

「私、双子座じゃないんですけど参加できますか?」と聞かれました。
もちろんです!どなた様でもOKです!




月相は既に16、だけど気にせず満月読み。

2014年5月15日 4:15 蠍座24度の満月でした。
サビアンは「ひとりの男の話を聞くために山から降りてきた群衆」です。

『私』の言葉で語ることができる。誰に請われなくともやり続けられる事がある。
そして今は、それを自分も味わいたい、と思う人たちが近くにいるのです。
山に住んでいる人たちには独自のルールと見解があります。
ところが、わざわざたった一人の男の話を聞きに大勢がやってくるのです。
一人の人間の中で大事に熟成されたものは、多くの人にとってもまた、
何かしらの意味を持つのです。

***

このサビアンを見た時、「これ、とってもエンヤっぽい!」と思いました。
アイルランドの歌手、音楽家の女性です。
彼女の曲は、何年か前に世界中でヒットして、日本でもCMソングなどで使われていました。
何で見たのかは定かでないのですが
「エンヤは他の音楽を聴かない」
というエピソードが、個人的にとても印象に残っていました。
確か、自分の音楽性を守るために、他の音楽を聴かないという事だったような…。

エンヤだわ!と思ったらもう気になってしまい、wikiをチェックしてみました。
チャートを見てみると、1961年5/17生まれ。牡牛27度の太陽でした。
1962年という説もあるそうですが、それでも太陽は牡牛26度、と。
自分独自のやり方で進め、そのペースを乱すことがないのでしょう。

自分の中からあふれ出るものだけを追って、それを邪魔されないようにして作品をつくるのですねえ。
制作費は出すから、何年かかってもいいから、ヒットを考えなくていいから、
と請われてアルバムを作成したそうです。う~ん、なんとも牡牛座っぽいエピソードです。

ギリシャ神話では、水浴びをするエウロペを一方的に見初めたゼウスが、白い牡牛に変身してエウロペをさらうのです(ざっくり)。
対象を考えずに、ありのままの自分でいること、自分の満足を追求すること自体が、
他者を強力に惹きつける魅力に繋がる、それが牡牛座です。

牡牛、牡牛言ってるけど、蠍座満月の話しじゃないの?と思う方もいるかな?
蠍の満月はいつも、対向に位置する牡牛の太陽とセットです。
月の動機を太陽の目的意識が具現化します。

蠍の無意識、ああしたい、こうしたい、という気分を
牡牛の太陽が現実的に着地点を見つけます。
太陽のサインが土エレメントの満月は、とってもお得感ありますね。
具体性にねじ込んでいくぜ、っていう、ターゲット化。

***

さ、満月読み。

変化する事、表に出ることをためらっていても、まわりの状況が先に整いそうです。

「はい、あなたの担当はこれ!」
と突然言われ、プレッシャーを感じつつ、やるべき事はこなしていく。
そのうちに、あれ?私ってこれだけできるんだ!という事に気づかされる、
そんな感じです。

誰かの意見の寄せ集めでは、方向性は定まりません。
「あなた」の見解を求められて、「あなた」のやり方に期待されて、
今、あなたはその場所にいるのですから。
その意味をよく考えてくださいね。

自分の楽しさをどう表現するのか?
巻き込み方に、一捻り入れていきましょう。
ずっと出すつもりはなかった隠し玉、ここで出すことになりそうです。
隠しておきたい気持ちはありますが、投げてこそ、の玉だと思って。

表現したり、表舞台に立つ事には責任がつきまといます。
でもそこに、まっとうな誠実さや暖かさが感じられるなら、
サポートの手は自然と集まっていくことでしょう。


***

今回の満月は、私のネイタル牡牛月にヒット。
いやー今回、ほんとよくわかった。
(月だけに、個人的過ぎる実感だったので割愛。)
エンヤじゃないけどね、牡牛心を満たすのは、外界からの雑音がないこと。
自分の心と体に耳を澄ませることですよ。
牡牛の季節は5/21のお昼くらいまで。しっかり自分を味わいつくしておきましょう。

5月の新月ワークショップ受付中でーす!

スポンサーサイト

アチラを立てたらコチラも立てる | Home | ずっと同じじゃなくていい

Comment

Post comment

Secret

Page top