アチラを立てたらコチラも立てる


今週の金曜日のワークショップ、受付中です。(⇒★

今回のお題は水星。知性やコミニュケーション能力を担当します。
あの人ってなんでああなの?!という、コミニュケーションギャップ、ありますよね?
このギャップ、楽しめる方向にもってきましょう!
そして双子座の新月。自分の能力開花のためのステップです。

ご参加、お待ちしています!




火星の逆行おーわりっ!

本日5/20の午前中、火星が順行に戻りました。

逆行から順行になる、ということは、単純に考えると
火星の象意である「焦点を絞って働きかける」ということが、
スムーズに動き出しますよ、という事。

火星は7/26までは、まだまだ天秤座にいます。
天秤火星はちょっと難しい。なぜかというと、
「自分」を強く主張する火星の意志は、
「他者」を受け入れてお互いの権利を尊重するという、
天秤のもつ雰囲気をまとって発揮されるからです。
あちらを立てればこちらが立たず、という事に、どうしてもなりやすいんですよね。

「押し通す」ことがどれだけできるか?火星は自らの意志力です。
摩擦や闘争、熱意、活力、なども火星は象徴します。

でも「押し通す」にあたっての雰囲気は天秤座。
さらっと感じよくスマートに、穏やかに、角を立てずに、お互い様で。

そうなんです。火星の担当する意志と、天秤の担当する雰囲気、
この二つは、なかなかに相反するものがあるのです。
自分軸、自分発信の火星と、他者との2本立てが基本、の天秤サインのすり合わせ。

この相反する「すり合わせ」、逆行時は自分の「出力の仕方」を捉え直す機会でした。
活動宮でのグランドクロスが火星に絡みましたしね。
今ままでの自分のやり方を踏襲し、現在の環境でそれがどこまで通用するのか?
3/2~5/20の間、この課題に取り組んできた人は次のステージへ。

順行に戻った天秤火星は、もう一度他者の視点や環境としっかり向き合うことを促します。
自分をひっこめない。相手もつぶさない。

自分の今までのやり方とはまったく違う方法かもしれません。
心情的には不本意であっても、目的を通すには非常に効果的な方法が見つかるかもしれません。
いずれにしても「今までどおり」を踏襲する形ではないでしょう。
自分とは違うな、と感じる人からのアドバイスも、今は有効です。

自分を捨て去るのではなく、上手に両立させる。
賢く、手数を多く、押したり引いたりのバランスを見極めて、Win-Winを目指す。
7/26までは、12/8からの総決算だと思って。
もう一度、環境と自分、両方が上手くいく道を、積極的に探ってみましょう。

***

明日のお昼12時からは双子座さんの季節になりますね。
楽しいコミニュケーションや、軽いフットワークで、
あちらこちらに顔を出していきましょう!

スポンサーサイト

双子っぽさ満載 | Home | 蠍座24度の満月読み

Comment

Post comment

Secret

Page top