青い鳥タロット

年始からこっち、タロットが俄然面白くなってました。
きっかけは「青い鳥のタロット」を手に入れたことですね。
みなさん、あちこちで素晴らしい!って感想のせてらっしゃるので今さらなんですけど、やっぱりこれは素敵&すごいですー。

私は大アルカナのみのデッキを探していた最中だったこともあり、迷わず購入しました。
全体の色合いは優しいんですけど、黒が効果的に使われてて全体が締まってる。その黒の中に夜空が描いてあるのが、私にとっては読みやすさにつながる感じです。
びっくりしたのが、カードのさばきやすさ。きってても混ぜてても引っかからないので集中できます。
あと裏面に書いてある青い鳥がいいんです。やっぱり占いって、幸せ方向に行きたいからやるもんじゃないですか?カードをかき混ぜてる時点で、すでに青い鳥が飛び交ってるんですよ、このデッキ。カードを開ける前から、先行きへの肯定感や期待感が前提!って感じですごく好きです。
青い鳥は飛んでいて、ここにとどまってる訳じゃない。やっぱり自分で捕まえなくっちゃね、さあ、どうなの?と読んでいく。以前いいなーと思ったデッキが、裏面が好きじゃなくてやめたことがあります。私にとっては結構重要ポイントかもしれません。
で、一番大事ことなんですけど、とっても読みやすいです。なんだかびっくりするくらい、当たるようになりましたね。当社比ですが。
カードが違うだけで、なぜ急に当たるようになっちゃったの?と考えてみました。

いろんな観点があるかと思いますが、タロットって集合無意識から引っ張ってきて、象徴から拾い上げていく作業ですよね。昔からある伝統的なカードというのは、多くの人たちの無意識下に広がるものを、最大公約数的にわかりやすく表現してるものだと思うのです。なので逆に、その国や時代、個人によって「あう」「わかりやすい」ものは細かい部分で違ってきて当然だと思います。その細かい部分の違いをもっと拾いやすいように、数多くのデッキの中から「自分のデッキ」を選ぶのでしょう。

青い鳥タロットを作られたのは、挿絵:川口忠彦さん、監修:三上牧さん。お2人とも今のここ日本で生活されている、私と同じ年代の方々です。私個人は、同じ位の年代で、同じ文化圏で生活してきている、という部分で、この公約数下にあるわけです。
幼いころから今まで生きてきた時代の空気や、流行っていたもの、起こった事件などは、直接自分に関係なかったとしても、広く無意識下に共通項として持っているかと思います。
そのあたりから、このカードで読むと拾い上げていきやすいのかな?と思ったりした訳です。
ここまでのものを完成させるのに、お二人がどれだけ緻密に考え抜かれたのかと思うと、それだけで溜息ものですね。
あ、年代云々いいましたが、単に私の場合の話ですので念のため。うちのうら若きムスメさんは、このタロットの絵がとにかく好き!と、占いはしないのですが、眺めるためだけにしょっちゅう持ち出そうとしますね。こらこら。
技術を磨く勉強は当然大切ですが、自分の読みやすいカードをどんどん使っていくと上達スピードもあがりそうだなーと今回実感しました。
青い鳥のフルデッキができたら、ぜひ欲しいなぁ~。

20130115
うちのムスメに似てる!と私がお気に入りのSTRENGTH(単におかっぱ仲間)と
そのムスメがイチオシ、イケメンFOOLくん。わるいおとこにはきをつけるのよ!
と指導するにはやや早い、水星期ですがね。
スポンサーサイト

達成感に慣れる事 | Home | 今度はお客で鑑定会の話

Comment

No title

すごい・・・ ど素人の私には、わからない単語だらけ!(笑) 
ひゃー。
実力を知っているだけに、
この私には理解できないこの部分から、
あの結果が導き出されるのねっと
興味深いです。(笑)

2013.01.16 (Wed) | youko #JXoSs/ZU | URL | Edit

youkoさん

きゃ!わかりづらくてすいません~(汗)
でもyoukoさんみたいなサイキック系が最強では?
なんてったってカードも専用ソフトが入ったパソコンも必要ないし!

2013.01.16 (Wed) | 雨森 亜子 #- | URL | Edit

Post comment

Secret

Page top