おひつじ座16度の満月読み&今夜は月蝕!

普通の満月じゃないんです。
龍とか虫とかが、まん丸の満月を食べちゃうので、
丸いはずの満月が欠けるんです。
・・・
って、これはうちの子にした説明です。すみません(笑)!
でも学校でキチンと教えてくれたそうですよ。学校ってありがたいですね、ほんと。
ちぇっ!もう騙されてくれないのね、
なんて思う、悪い親に対抗できる力を、ちゃーんとつけていただいてます。

このブログにいらっしゃるタイプの大人の皆様は、ご存知の向きも多いと思われますが
月蝕は古来、世界各地で、龍や虫が月を食べるからだ、といわれてきたのです。

龍が月を食べ始める(まだ言う)タイムテーブルは以下。

食始 18:14 / 皆既始 19:24 / 食最大 19:54 / 皆既終 20:24 / 食終 21:34
(地球暦様より拝借)

月は日常生活や安心感覚をあらわします。精神的な安全装置。
満月はその月に最大限に太陽の光があたって、自分の心が照らされます。
私、こうしていたい!という精神的な部分に光があたります。

そこをドラゴンがパクリ、と。

自分の意向や気持ちよりも、もっと大きな力が働きます。
それが蝕です。
個人の意図は飲み込まれ、大きな流れにまかれます。

少し精神的に不安定になりやすいですが、
流れに任せる大らかさ、今を楽しむ気持ちを大事にしてくださいね。

いつもの満月読み、
続きはまた今夜!

***

(えーと、夜じゃなくて朝ですね。おはようございます!まだ月はおひつじ座って事で。)

月蝕空港
蝕に向かっていく暗い月 ちっちゃいけどわかりますか??



2014年10月8日(水) 19:50 おひつじ座16度で満月です。この満月は月蝕。

サビアンは『日の入りに踊っている妖精ブラウニー』

自然体でゆとりのある生活を送ります。
日の入りは、夕方。昼と夜との入れ替わりの時間。
この満月の度数16度は、そのサインの力が少し弱まる場所です。
おひつじ座らしいスピード感は、ここで少しスローダウンします。
ふと力を抜いた時に、初めて出会える楽しさを感じてください。

***

日蝕が具体的変化への切り替えならば、月蝕は精神的変化への切り替えです。

この月蝕の主題は「集団の可能性」。

個人個人の能力を、コミニュケーションやネットワークで繋ごうとします。

ぼんやりとした集まりではなく、
きっちりとした目的意識や、スペシャルスキルの持ち主達の集団。
どっちの方向に転ぶかはまだわからないけど、
このメンバーなら間違いない!と言える人達の中で、
自分の担当を磨き上げていきましょう。



この月蝕は、2014.4/15の月蝕と響きあいます。
4月からここまでを、少し思い返してみてください。

4月まで、個人や少人数で楽しんでいた事が、今はもう少し大勢と共有していませんか?
人によっては、とても沢山の人たちと一緒になって、既に動いているかもしれません。
「できる事」の中から、さらに自発的に「やりたい事」が出てきていたなら、
それが次の可能性への確かな手ごたえです。



東京での満月チャートは、5ハウス太陽-11ハウス月。
個人-集団のハウス。共に可能性の場です。
月が11ハウスで「集団での可能性」を強調します。
月蝕ですからその満月にはノード軸が合。
月には天王星とドラゴンテイル合、太陽には金星とドラゴンヘッドが合。


自分ではできて当たり前だったり、
ずっと好きだったけれど人には特に言ってなかったり。
そんな事をもっと人の中で表現していきましょう。
できる範囲で、人のお役に立とうと行動したり、
自宅で楽しんでいた趣味なら、どこかの教室に入ってみたり。
人の中に入っていく事によって、自分の持つ可能性が更に広がりを持ってきます。

「好きこそものの上手なれ」って感じですね。
面白い!好きだ!を追いかけていると、どんどん次の方向性が見つかります。


チャートルーラーの水星は10ハウス海王星とトラインのみで逆行中、
さそり6ハウスにイン。
その海王星は満月の入っている11ハウスを支配しています。
MCのルーラーは天王星で、これもやはり11ハウスにイン。
まぁなんとも今回のチャートでは、11ハウスが非常に強調されていますね。

自分のできる事、手の届く範囲をキチンと整える事によって認められたいと思います。
その力をもっと大きく有意義な場で表現したい、という気持ちを持って
今一度、自分の能力や力を磨き、高めながら、ゆっくりと可能性を探っていくのです。

おひつじ天王星・いて火星・しし木星で形成される火のグランドトライン。
ここに風の要素を取り込むカイトが二つ。
みずがめMCとてんびん太陽が、カイトの頂点。
火は情熱や精神性、風は知性やコミニュケーションを担当するエレメントです。

これは、個人的な「これ好き!」「楽しい!」という盛り上がりを、
「みんなでやろうよ!」「こんな方法もあるんじゃない?」と
まわりを巻き込んでいく形にしようと考えます。
一人が複数になることによって、バリエーションが生まれます。



ここにちょっとまった、をかける力が二つありますね。
これは大事な「待った」です。
個人的な盛り上がりで終わるのか?
これから未来へ続いていく可能性や、強い信頼関係を作り上げるのか?です。

満月ラインのオポジションに8ハウスやぎ冥王星が、
MC木星のオポジションに6ハウスさそり土星が、
それぞれTスクエアの頂点となって、調整を促します。

大きな集団と関わるほど、そこでガップリと人間関係に取り組まなくてはなりません。
楽しいだけじゃダメなんだよ、責任持って徹底的にやってね、と諭される配置。
その場のノリで押し切らず、全員が上手く能力を生かせるような、メンバー構成を意識しましょう。
Aさんはこれが得意だからこの担当、BさんとCさんは2人でここをカバーする方法を考えてね?
と、それぞれの得意分野が生かせるような視点が、とても必要となります。
まわりの人達と補い合うことによって、更に自分の力が発揮できる場が整います。

もう一つは、仕事にするなら、人前に出すなら、キチンと方向性を絞ってね、という事。
趣味なら時間もお金も好きなだけかけていいけど、仕事にするならコスト意識は大事だよ?とか、
全部は持っていけないんだよ?取捨選択をしましょうね?とか
人に丸投げしないで自分の持ち場はしっかりやろうよ、とか。
周りの状況を広い視点で見渡して、内輪ウケではない価値を自分につけていく、
そのための「待った」ですね。

***

個人の独立性を維持したつながり、コミニュケーション。
親密で盛り上がるけれど、馴れ合わない。
切磋琢磨できる仲間達。そこに気後れしないで加われるだけの努力を求められます。
個人としてキチンと立っている事が大前提となるでしょう。

***

今度の新月(10/24)は日蝕。
新月ワークショップのお申し込み、受付中です! (⇒★
スポンサーサイト

単機能の強さ | Home | 台風一過

Comment

Post comment

Secret

Page top