単機能の強さ

もう20年程前でしょうか?Windows 95時代の話しなんですけど、
私、生まれて初めて家庭用プリンタを買おうとして、家電量販店にいったんですね。
スキャナとプリンタが欲しくて、一体型か単機能かで迷って係りのお兄さんに聞いたら、
「どっちかの機能が壊れると使えなくなったりするので、単機能がおススメですね」
と言われました。

今はもう複合機が普通に主流で、機能的にも安定してきているようですが、
当時はそんな感じだったように思います。
で、結局両方買ったんですけど、プリンタの方が先に壊れました。
スキャナはだいぶ長く使えましたね。量販店のお兄さん、ありがとう!

***

最近、個人事業主の方のチャートをいくつか見せて頂いたのですが
「天体単機能型」が目に付きました。
天体のアスペクトが一つだけ、という事ですね。
「ふーたりのために~ せーかいはあるの~」とか
「あ・な・た・だーけ み・つ・め・て・るぅ!」とか
相手と自分しかいない世界、ですね。

これがどういうことかというと、
天体のあらわす「意識」が働く方向がひとつに絞られている、
という事なんですよね。気持ちが横道に逸れない。迷いがない。頑丈!

反面、豊かなアスペクトをとる天体は、
様々な場面に対応して使いやすかったりするのですが、
方向性がぶれやすかったり、まわり道を選んでしまったりするかもしれません。
多角的に見ることができる故の迷い、というか。

天体=個人の意識、と考えた場合、シンプルなアスペクトは、
素直な思考や、混じけなしの純粋な意向としてあらわれるように感じます。
「道は一つ!」
の、周りの意見に左右されない、ストイックな面が見て取れます。
シンプルアスペクトには、火星の「突き進む力」がプラスされるのかもしれませんね。


スポンサーサイト

さそり座1度の新月日蝕読み | Home | おひつじ座16度の満月読み&今夜は月蝕!

Comment

Post comment

Secret

Page top