みずがめ座1度の新月読み

2015年1月20日 22:13 みずがめ座1度で新月です。
サビアンシンボルは『古いレンガ造りの伝道所』

お。この度数のサビアン、以前満月読みでやりましたね。(2013.7/22)
今回はスタートの新月です。

まずは理想ありき。
そして、その理想を広めるためのシステムを作ろうと奮闘します。

***

この新月では、自分の中から『理想の形』をすくいあげます。
子供が未来を想像する時のように
フィールドは大きく、選択肢も広く。

みずがめ座は個人の利益では動きません。
自分が世の中に提供できる「何か」を
差し出すことに意義を見出します。

現実的な案ではない、という理由で
そのアイデアを切り捨てないようにしてください。
この新月タームで出てくるアイデアは
意外と使えるものに化けそうです。

斬新だったり、奇抜だったり、
ちょっとヒネリを感じられるようなものは
自分の中に沢山ストックしておきましょう。

新しい人との出会いのなかで、
そのアイデアが「カチッとハマる」場面が出てきそうです。
今までの行動範囲外からのお誘いには、積極的に乗りましょう。

今まで『軸足』としてきた事が、大きく変化するかもしれません。
昔、目指していたことを思い出して、
また新たな方向からチャレンジする、なんていう事もありそうです。

例えば、以前学校の先生を目指していた人が、新たに塾の先生になるような。
「教える」という事は同じですが、そのフィールドは異なります。

例えば、現役のダンサーさんが、初めて人に教えるクラスを持つような。
「踊る」という事は同じですが、切り口や視点が変ってきます。

元から自分が持っているもので、新しい基盤を作ろうとします。
それを周囲から見える形で表現していこうとします。
新しい顔ぶれにチャンスがあるので
慣れ親しんだ、身近な人間関係に留まらないようにしてください。

親しい人達との関係の中では、相手の新しい一面に目を向けましょう。
意外な趣味や特技の持ち主だった、という事がわかるかもしれません。
そこから、今までとは違う新しい関わり方に、関係がシフトしていきそうです。

そして注意したいのは、「やる気」の取り扱いです。
普段以上に「気分」「感情」に左右されやすい時なので、
上手に環境から整えていきましょう。
なんだかやる気が出ない、という時には
「緩める」方向に意識をシフトしてみましょう。
自分をギチギチ追い込んでいくよりも、
1度、思い切り緩めてからの方が、エンジンがかかりやすくなりますよ。

***

ちなみに次の新月もみずがめ座。
今回は1度、次は最終度数。
スポンサーサイト

どこで鑑定しているの? | Home | 今夜うお座に火星が入ると?

Comment

Post comment

Secret

Page top