うお座30度の新月読み


2015年3月20日 18:36 うお座30度で日蝕の新月です。

サビアンシンボルは『巨大な石の顔』
石という無機物に、人の顔という有機的な形が刻まれています。
人は消え、石は残ります。
石に刻まれた人の形には何が託されるのでしょう。

*  *  *

通常1ヶ月で巡る新月の影響ですが、
ドラゴンヘッドを伴う蝕の影響は、半年間続きます。
という訳で、今回の蝕の影響は9/13まで有効。

この新月は『引き上げと解体』

ゼロ地点に立つ。

次のあたらしいサイクルに向けての解体作業です。

今までの事がまったくの無に帰すわけではなく、
同じ建物の中を、エレベーターでひとつ上のフロアへ移動する感じ。
この階でやることは終わり。
ここはもう引き払って、次のフロアへ向かいます。

大事なものは手元にきちんと残りますが、
自分でチョイスはできません。

目をつぶったまま海の底までもぐって
海底から拾い上げてきたもの
偶然に手に触れたもの
その価値が今はわからなくても
手に握っているものが
あなたの次のサイクルに必要なものです。

* * *

ドラゴンヘッドとテイルはノード軸とも呼ばれ、
人とのご縁や、大勢の人たちとの関わりを表します。

蝕は大きなターミナルのイメージ。
起点であり、終点である場所。
沢山の人たちが行きかうエネルギースポット。

今までにない、びっくりするような価値観をぶつけられることもありそう。
自分の間口が大きく広がります。

依存や執着、損得勘定を抜きにして、物事を見極められるチャンスです。
シンプルに軽くなるために、いらないものはドンドン捨てましょう。

長く続く関係を今は求めなくてもいいでしょう。
一瞬の出会いからも、大きなものが得られる時です。
見逃さないでください。

* * *

おひつじ座から始まる12サインの物語は、
うお座で1度幕を閉じ、次のサイクルへと移行します。

今回の新月は12サインの終わり、うお座の、しかも最終度数。

うお座30度からおひつじ座1度の間は
この世とあの世の境目ともいえます。

うお座では、意志も形も一度、完全に解体されます。
そして次のおひつじ座で、また新たな意志と形が生み出されるのです。

うお座からおひつじ座の流れは
無から有を生み出すパワフルな切り替わり。

ひとつのサイクルが終わり、次のサイクルへ。
まったく新しいサイクルに見えますが、
必ず前のサイクルから受け継いできた大事なものを基底にもって
新しくスタートするのです。

* * *

意識と無意識のすきま

あの世とこの世のあいだ

境界線が緩み、あいまいになる時間。

そんな裂け目から、大事なものを覗いて、ひっぱってくるチャンス。


この週末はゆっくりと良質な睡眠をとることを心がけてください。
そして朝起きたら、見た夢をすぐにノートに書き留めておいて。
 
ヨガをする人はシャバアーサナを大切に。

瞑想、ヘミシンク、ビジョンワーク、クリスタルゲイジングなどにも最適。

手元にいつもメモ帳を置いて。見たもの、感じたものは書いておきましょう。


スポンサーサイト

イケメンが足りない!! | Home | オンリーワンの美しさ

Comment

Post comment

Secret

Page top