傷と癒し


先日の発酵浴の湯上りに話していた時。


体調バッチリ!いつも気分最高!

とは、なかなか言えない。

不安定な時の方が多いし、

とても揺らぎやすい自分を知っている。

だからこそ、それに対応できるように、

自然と沢山の手段を持つようになった。


このお話を聞いて、とても共感しました。 

占いやヨガも、私にとっては、この『手段』の一つです。
(ここに似たようなこと書いてましたね

知識が豊富で多才な彼女のキロンはどこだったかなぁ?と
お話を聞きながら、ついつい考えてしまった占星術脳な私(笑)。

確認してみて唸りました。
想像以上にタイトな、美しいアスペクトをお持ちでしたよ。

キロン(カイロン)は「傷と癒し」の星

自分の傷と向き合い、自分を癒してきた経験は
今度は人に寄り添って、人を癒す力になる

そんな象徴を持つ天体です。
「傷ついた癒し手」とも呼ばれますね。

個人天体とキロンがパーチルなアスペクトをとる彼女は
様々な方法で人を癒してます。


***


自分で自分のご機嫌をとる、というのは大人の嗜み。

いろんな自分に対応できる
いろんな手段をもっていると
人生、更に楽しくなってくる!

ささ、どうぞ占いもお試しあれ。

雨森亜子の占いはこちら
年末スペシャル!はこちら





私信:
あれはですね、想像を裏切らない味でした。
酸っぱくて、やや渋くて、ぷちっとした巨峰みたいな食感で
みずみずしい草って感じでしたよ。

2015-11-07_22-28-38_IMG_8384.jpg
石蓮花



スポンサーサイト

さそり座20度の新月読み | Home | ふかふかほかほか

Comment

Post comment

Secret

Page top