補助具をつかったヨガクラス

今回はヨガのお話。

占い以外にヨガのお仕事もさせて頂いてます。
日々練習、日々勉強。


2015-12-17_00-43-38_IMG_8622.jpg
これは股関節の回


全4回で開催された成田ヨガ「補助具を使ったヨガクラス」
講師はRieko先生。

足首、太もも、股関節、と来て、最終回は肩でした。

この補助具クラス、ひとつひとつの動きはすごく地味。
とても微細に自分の体の状態を観察して、動かしていきます。
いつもやってるアーサナだけど、徹底的に身体に意識を向けて
あちこち調整していくので、とってもキツイ!!

これ、キツイのは自分のせいなんですよねえ。
「いつもこのポーズやってるから」
をスタートにしちゃってるから、なおさらキツイ。
いい塩梅を、あらためて最初から探っていけばいいのにね。
いやぁ、自分の無意識のゴーマンさを感じましたよ・・・。
入り方、アプローチの仕方が違うんだから、
そこをもっともっと丁寧に味合わないともったいない。
ああ、もったいない、もったいない。

いつもの練習はアシュタンガヨガなので、連続した動きを繋げていきます。
今回のように、ひとつひとつのアーサナをじっくり深めていく機会を持つと、日々のアシュタンガの練習にも、新しい気付きが加わります。

このクラスはベーシックな動きを丁寧にしていくのですが
今日は「はい次はハンドスタンドです」とさらっと言われて
「え?いきなり?!」とみんなびっくりしました(笑)。
でも実は全然いきなりじゃなかったんです。
そこに至るまで、手首や肩回り、腰や足も、
実はしっかりほぐしてました。
ああ、こうやって準備していたんだわ、と後から気づく。
りこ先生すごい。


2015-12-17_01-18-24_IMG_8623.jpg
やったことない~できない~!といってた方も
あっというまにハーフベンド完成させてました


ハンドスタンド、いわゆる逆立ち。今日は壁を使うバージョン。

私、手を床につく勢いで足を上げる逆立ちならできるのですが
以前、柳生直子先生のアイアンガーWSで逆立ちした時
「勢いはつけません。手は床につけた状態から足を上げます。」と言われて、うわー!!全然できなーい!!となった思い出が・・・。

で今日のRieko先生も、床に手をついたまま、足をあげましょう、と。
片足づつホップしてあげていいんですけど、
手は最初から最後まで床につけた状態でGO。

・・・はい、やっぱりできません。

でもRieko先生に
「あ、それ、あこさんの場合は肘曲げないとあがらないと思う~」
と言われ、えー?!それめちゃめちゃキツくないですか?!!と
言いながら、とりあえずやってみたら、あっさりできました(笑)。すごー!

私、さる腕なんです。いわゆる過伸展の肘。
自分的にまっすぐ、と思う腕の伸ばし方だと、やり過ぎになる。
そうすると、腕や肩回りがロックされる。
なので肘を緩める(少し曲げる)ことによって、
正常な体の使い方になる、と。

肘ゆるめると、ひょいっとあがるんですよ。
そして、その緩んだ肘のまま逆立ちをキープするんですが、
常に左右差ができてフラフラする感じが、きっつー!!
まだまだ練習必要。でもこれ、楽しすぎる~!!

りこさんクラス、とても「効く」んです。
終わった後の体の状態が違う。
普通に立っても足が地面にズドーンと突き刺さる感覚になるし
座った状態も坐骨がしっかり立つようになる。
肩回りにスペースができる。
やってることは地味。
なのになんでこんなに変わるの?!というオドロキ。
骨から整う、といった感じ。

効果を求めることばかりがヨガではないけど、
身体感覚でハッキリわかると、やる気もでるし楽しいもんです。

こういったベーシックな事を、しっかりとクラスで提供してる場所自体、あまりないと思います。
そしてこれは、本当に必要な方たちがいるだろうな、と思いました。
私自身、これから自分の練習にしっかりと落とし込んで、そのエッセンスを少しでもクラスに還元していければいいな、と思っています。


2015-12-17_00-41-52_IMG_8621.jpg
あらよっと!


***

もともと、ここ半月ほど、ムスコくんと私には
逆立ちブームのアツい波が来てたので
今回のハンドスタンド練習、とってもナイスタイミングでした。

今日のこれでかあさん、1歩リードしたと思うわ!

スポンサーサイト

ちょっと冬至のお話を | Home | いて座20度の新月読み

Comment

Post comment

Secret

Page top