ちょっと冬至のお話を


2015-12-22_09-04-28_IMG_8661.jpg
根菜は地のパワーたっぷり!
成田の素敵ヨガティーチャー&農家の嫁・ゆうこ先生の作った
あるまま農園の人参



今日は冬至。
ジャストタイムは13:48。

お日様が出てる時間が一番短い日です。

太陽の勢いが一番弱い日なので「陰が極まる日」とも言われます。
今日を境に、陰が陽に転じていくんですね。
これから太陽も上がり調子、日が伸びていきます。

西洋占星術的には、冬至はやぎ座への入宮(イングレス)です。

やぎ座の支配星は土星。
土星にはモノゴトを減らす、固める、冷やす、という性質があります。
長い時間をかけるものも、土星担当です。
必要なものを残して、不必要なものを切り捨てるのが役目。

そう考えると、自分の身の周りをミニマムに整える、大掃除にはもってこい。
暦ってよくできてる。
とはいえ私は、寒いのでこの時期の外回りの大掃除はあまりしませんが…。


身のまわりを整える=心を整えること
そう考えると、この時期は自分の「必要最小限」に思いを馳せる時。

・何があれば最低限生きていけるのか?

・これだけは捨てられない、というものは何か?

・自分の血肉になるほど、長く携わってきたものは?

あ、年賀状を書く人は、誰に書くor書かないの選別なども。
年賀状を書かない方も、年末年始の立て込んだスケジュールの中で

・これから必要なお付き合いか否か

を考えて、優先順位や取捨選択をされる機会もあると思います。
やぎ座は社会的なサインですので、オフィシャルなお付き合いについて、考え直したり仕切りなおすにも良い機会。

そんなお付き合いなどの人間関係諸々含めて、
12月に入ったあたりから、突発的な変化に見舞われた方も多かったのでは?

***

火星・天王星・冥王星のTスクエアが形成されていたこの年末、
今月は「今日これから占ってもらえますか?」というような
急を要するご相談が立て続けにありました。

特にこの12月は、土星・海王星のタイトなスクエアもあって
「枠」が溶かされる、という星の配置。
人間関係でいえば、境界線の逸脱ですかね。

信じられないくらいの干渉をしたり、うけたり、
公私の枠を飛び越えて深入りしたり、されたり。

火星がてんびん座でデトリメント、
とんでもないことなのに、さもあたりまえですよ、っていう顔して
さらっと雰囲気で持ち込んでくる。本音と建前の使い分け。

海王星の関わることには「麻酔」が効くので、あとから
(なんであんなことしちゃったんだろう)とか
(全部思い込みだったのでは・・・)と
自分で自分が信じられない!なんてことも出てきます。

太陽も土星と同じいて座だったので、
「今までどうり」の安定感がグズグズにされていくような不安感が、
より、色濃く感じられたのではないでしょうか。

思わぬ方向からトラブルが!というような事でも、
それは根本的な変化へと繋がっていきます。
そして冥王星が関わる時には、元の鞘には収まりません。
もう今までのやり方は古くて役に立たなく立ってる、ということ。

***

思い込みや勘違い、お酒の席には重々ご注意を!

ただピンチはチャンス、とも言いますので、
トラブルが起きた時には、どうリカバリーするのかが大事。

今までは対処できていたことなのに、今回は手に余る!と思ったら
早い段階で、周りにヘルプを求めましょう。


冬至図の支配星は金星、
地のグランドトラインは、現実力を、
感情の水、さそり座金星に流し込みます。
そしてディセンダントに合。

こんなことをお願いしたら迷惑をかけるかな…と思っても、
その方が、それなりの地位や立場、発言権、
または、知識や技術を持っている人であれば、
是非思い切ってヘルプを頼んでみてください。

あなたにとっても、相手にとっても、それは良い経験となるはず。
なので臆さずに。

この時のポイントは「○○の担当者さん」じゃなくて
「○○を担当してる田中さん(仮)」など、
キチンと個人を認識した関係性を意識すること、です。

えーと例えば、居酒屋に行ったら、自分のテーブル担当の人の名札をチェックして名前で呼びましょう、みたいな感じです。
おーい、おねえさーん、じゃなくてね。田中さん(仮)、みたいに。


ああ・・・
ちょっとだけ、今日は冬至だね、って話をしたかったのに
なんだか長くなりました…。

3日後は満月&クリスマスですね。
ではまた、満月読みで!

スポンサーサイト

かに座4度の満月読み | Home | 補助具をつかったヨガクラス

Comment

Post comment

Secret

Page top