新月読み

4月10日18:35、牡羊座の新月でした。
終わっちゃったけど新月読みしまっす。新年度スタートだしね。


新月とは、地球から見て、太陽と月が重なる時。
太陽が照らしている月の部分が、地球から見えない時が新月です。
夜空は暗くなり、星がよく見える日でもありますね。

新月から満月のサイクルは、新月→スタート、満月→完成、です。
ただ、月の動きは目に見えて早いので、大きな運命の流れ、どーん!というのではなく
日々の積み重ねや些細な部分へ、どう意識をもっていくかという事を見ます。
でも、結局は日々の積み重ねが一番大事なのです。
あだやおろそかにはできないのが月なのです、という事で、新月読み。

***

今回の新月は牡羊座の6室。
サビアンシンボルは「リングに上がる拳闘士」です。
個人調整の6室が、ひらめきの牡羊色に満たされています。自分ルール!
ここに水星以外の個人天体がほぼ合で集結。火星と天王星も牡羊座です。
自分の可能性やアイデアが、楽しさや軽やかさを伴って、ふつふつと湧き上がる様子です。
でも、まだここでは誰かに見せよう、とか、あの人と一緒に、という他者の視点は想定しない。
あくまで「自分!」が主体。自分への前向きな期待感です。
年度始めには、ちょっとかかり過ぎな位。風船をパンパンにふくらましてる最中のイメージ。

その風船を「パン!」と割って、周りの人をびっくりさせるのは、
水星が牡羊座に入って、月が天王星とセクスタイルを作ってくる4/14以降。
ここから、個人の勢いと多少の大風呂敷が、仲間を集結して、26日の満月に向けて、
実現可能なプロジェクトのスタート体制まで、スピーディーに整えていくような流れです。

この半月で、深く付き合っていくチームがガチっと組みあがりそうですね。
やる気のある拳闘士を生かすには、優秀なセコンドも必要。
荒削りながら、実力もやる気もある、
じゃ、ルールもしっかり叩き込まないとね、という事。

会社なんかだと、やる気ありありの新人ちゃんチームが内輪で盛り上がるのを、
先輩が、会社事情や社会ルールを踏まえた上で、上手にサポートして
じゃ、君たちでその案件立ち上げてやってみなよ?って感じ。小っちゃい規模でもいいんです。
意外といいもの出してきそうよ。


スポンサーサイト

満月読み | Home | チキンカレー

Comment

Post comment

Secret

Page top