おとめ座4度の満月


2016-02-23_16-04-44_IMG_9106.jpg

発泡スチロールのツブツブ
下からのエアーと上からの照明で
光の噴水みたい
魔法の美術館にて



2016年2月23日(火)03:19
おとめ座4度で満月でした。

25日(木)の朝、月がてんびん座に抜けていくまでは
まだ満月モード。

サビアンは『白人の子供たちと遊ぶ黒人の子供』

このサビアンシンボルでは、人種の壁を越え、優劣をつけない、
平等意識が描かれています。
偏見を捨てた曇りのない目で物事を見てみましょう。
いつもとは少し違うタイプの人たちとの交流で
新しい自分の活力が得られるでしょう。

現在、太陽はうお座。
うお座の季節、2016年は2/19~3/20まで。

うお座の管轄する世界は、さながら『闇鍋』のよう。

何が入ってるのかはわからない。
自分が入れたものが、どこにあるのか見えないし
人が何を入れたのかも、わからない。
思い切って、そこに箸を入れたとしても
自分が目的のものを掴めるかどうかも不明。
でも、箸で拾ったものはあなたのものです。
ささ、どうぞ召し上がれ。

***

この満月では
「誰のために動くのか」
が照らし出されます。

太陽がうお座の季節は
精神的な変容の時。
形がないものを扱います。

乙女座の月は
深い洞察力を持ち
具体的な方法論に心が向かいます。

他者や環境から動かされ、
反応していく、対処していくことに
焦点があたる満月です。

着地点や利益などの、わかりやすい目標がないまま
自分の時間や価値の提供を求められた場合

ここでは
そんな場面での選択基準が問われます。
満月は自分の気持ちが照らし出される時。

この満月は2-8ハウスで形成されているので
主題は「価値観」
自分の価値、相手の価値を照らし合わせて考えます。

自分自身が価値を感じないことでも、
他の人からの引き合いで、あらたな価値を発見する
そんな事がありそうです。

逆に、あなたが必要とすることを
あなたが難しく考える以上に、
楽々こなせる人との出会いもありそう。

「この件でお願いしたい!」という事があれば
遠慮せずに思い切って声をかけてみて。

相手への配慮という名の遠慮をするのはもったいない。
とりあえず投げかけてみて、
それから相手の判断を待っても遅くありません。

この時期を、お試し期間、と考えて
新たなことに取り組むのもいいですね。

考え方が似ている同士、理解し合える相手とならば
思い切って一度手を組んでみると、
この先また、違った形での発展が望めそうです。

結果や利益を求め、四角四面に考えるのではなくて、
「心の動いた」ことを基準に、動いていくとよさそうです。

***

漠然とした目的のために、具体的な行動を必要とする、
というのも、この魚-乙女の組み合わせ。

今日友人から聞いた話ですが
パン屋さんで

「ナンにあうパンをください」

と、頼んでるおじさんをみかけたそうな。


それを聞かれた女子高生のバイトちゃんは

「・・・それはナンとして食べられるようなパン、ということでしょうか?」

と困惑気味に答えていたそうです。


目的が不明なおじさん-魚
具体的な回答を求められる女子高生-乙女

っていう感じですね。

結局どうなったの?
と友人に聞きましたが
その場を離れたため不明、とのこと。

その後の女子高生の洞察力に期待しつつ、
話しのオチがわからずに、こっちもモヤモヤしたわ!


スポンサーサイト

マスタークレンズ | Home | 3/20(日)ソレイユマルシェで占います

Comment

Post comment

Secret

Page top