うお座19度の新月

3/20(日) 成田駅そば、はしらデリ&カフェにてイベントで占います。
『ソレイユマルシェ』⇒★
この日は春分。占星術的お正月の日。
どうぞ一年の計を立てに、お越しくださいませ!

2016-03-08_23-25-40_IMG_9184.jpg

ビュフェこども美術館
トイレ前の天井素敵



2016年3月9日(水)10:54 うお座19度で新月です。
この新月は日蝕です。
サビアンは『弟子を指導する巨匠』

巨匠は、一律的なマニュアル指導ではなく
本当の意味で、個人に伝わるアプローチをしていきます。
型にとらわれず、本質を伝えていくのです。
知識のみならず、人柄や生きざまを通じて
弟子を深く高い理解へと導いていきます。

半期に一度の日蝕の新月は、これから6か月先を見据えた指針となります。

新月が自分のホロスコープ上のどこに起こるのか、
どのネイタル天体とアクセスしていくのかを見ると
これから半年間で、心を向けていく方向性がわかりますよ。

***

まず最初にザックリ言っておきたいのが

今はガタガタしてあたりまえ。

ということ。

新月満月あたりって、不安定になりがちな時期。
日蝕・月蝕は特に。
さらにさらに、今回は柔軟宮での新月。
アセンダントいれたら柔軟宮のグランドクロス。
決めきれない、オチがつかない、出口が見えない、など
堂々巡りが特徴なのです。

ちなみにピークは6月。
それまで、体力気力、使い果たさないように日々を過ごしましょうね~。

そんな柔軟宮のグランドクロスについては、また今度ゆっくり。

*******

ここから新月読み。

必要最低限の仕事や、身の回りを整える事だけできれば
今はそれで十分。
優先順位は「手の届く範囲」です。

今決めた事があったとしても、
自分の手を離れたところで、ひっくり返る可能性も大。

キチキチにスケジュールや段取りを決めるより
流動的に動ける余地を、最初から組み込んでおきましょう。

うお座は心の領域を担当しています。
夢や無意識、癒しや、必要悪、幻想など、
人間の弱い部分もまるごと内包する『受容』の世界です。

受け取ったものの印象を味わっていくのが
この、毎年訪れるうお座の季節。


さて、今年のうお座の季節におこるこの新月には
いつも以上に、大きな広がりやうねりが伴います。

太陽と月の軌道の交差点、ドラゴンポイントには
沢山の人の意識が集まるといわれるのですが
ここに、傷と癒しの星キロンがぴったりコンジャンクション。
そばには新月とタイトにアクセスする木星も。

新しい社会システムについての勉強や、
ボランティア運動、健康管理やメンタルヘルスケアについてなど
必要な人へ知識や情報を届ける活動が活発になりそうです。

あまり手広いものではなく、
必要な人に必要なものを、というスタンスで
小さな単位で深く学べるものがよさそうです。

資格が取れる、とか、技術だけさっさと学べる、
というものではなくて
心構えや成り立ち、型に宿る哲学など、
精神的な部分をキチンと学べるような場であるかどうかを
第一に考えて選びましょう。

あなたが学びたい事がある場合、
誰から学びたいか考えましょう。
損得勘定ではなく、人柄とその人がもつ哲学を重視して。

もし、その人が現在教える立場にないとしても
学ぶ機会を作ってもらうように働きかけてみましょう。
求めよ、さらば与えられん、なのです。


スポンサーサイト

ソレイユマルシェvol.8 ありがとうございました! | Home | マスタークレンズ

Comment

Post comment

Secret

Page top