溜め込む → 吐き出す 


満月直前25日の話。
奥様テニスの休憩時間に
「あ~手がむくんでるのかな?なんかラケット握りにくいわ」
とAさん。
私もだよ~!あ、明日が満月だから、今日が一番ツラいかもね~って話したら、
その場の皆さん「???」となりまして。
あれ?これって人によっては馴染みのないトピックかしら?と思い、今日はその話を。


新月へ向かう時は排出、放出。
満月へ向う時は溜め込み、吸収。

新月はダウナー 落ち着く 落ち込む 内省的。
満月はアッパー 高揚 イライラ 外向的。


新月、満月の前後数日間は、潮の満ち引きの差が大きくなるので、これを大潮、といいます。
上弦、下弦の月の時は、この差が小さくなり、小潮といいます。
干潮・満潮はどうして起こるのですか?これ、わかりやすいです。
日食月食のトピックもありますね。興味のある方はどうぞ。

人間の体は約70パーセントくらいは水分です。
潮が重力でひっぱられるならば、重力で立ってる人間の体の中の水分も
引っ張られて不思議はない、はず。

私のやってるヨガでは、新月満月の日はお休みしましょう、と言われています。
今はのんびりですが、2年程、毎日熱心にヨガをしていた時期がありました。
毎日していると、体の様子に敏感になり、観察力が高まります。
ただまっすぐ立つだけでも、満月近くは体がフラフラしがちでした。
なんか今日、ふらつくなー?とカレンダーをチェックしたら、あら満月もうすぐだ、って具合。

満月へ向かう時期は気分が積極的になります。
ふと気づくと、いつもよりチャレンジポーズに果敢に取り組みがち。
無理すると怪我の原因になるので、意識して自重するようにしていました。
新月近くになると、体が重くなりますが、気分は落ち着いた状態を保ちやすいです。
やる気がでない、という現れ方をする時もあります。
そんな時は思い切って、瞑想や呼吸法中心のヨガに切り替えたり。


満月直前は溜め込みMAX。お月様と一緒で体も膨らむのです。
食べたモノが身になりやすい時期で、水分その他を溜め込んでしまいます。
これが満月を迎えて新月へ向かうサイクルへ入ると、一気に排出モード。
たまった水分も抜けやすくなります。

月経があり、出産を体験する女性は、男性よりこのあたり体感を得やすいと思います。
新月満月の大潮の前後に出産が多い、なんて話は、
経産婦なら一度は耳にした事はありませんか?
自然相手の生活をしてる人にも、わりと日常的な話のようですね。
男性でも、釣りをしている先輩や、サーフィンをしているうちの弟なんかは、
潮の満ち引きのチェックは生活の一部です。

月?潮?何それ??聞いたことないけど?って女性でも、
生理前は食欲に歯止めがかからない、体がむくむ、便秘になる、なんていう現象に
心当たりがあったり、この記事冒頭のテニス奥様との話のように、
友達との何気ない会話の中で、体調の話題として出る事があるのではないでしょうか?


なんかむくみがいつもよりひどいよ!とか、
はぁ、なんだか気分があがんないわ。って時、
ちょっと月の状態をチェックしてみてください。

ふむふむ、満月過ぎたら水分抜けてくるから、あと少しの辛抱ね、とか
新月越えたら、エンジンかかってくるはず!今は無理せずのんびりしとこ、とか
やみくもに悩まず済んじゃうこともあると思いまーす。

スポンサーサイト

GWは中野トナカイで あおさんと握手! | Home | 満月読み

Comment

Post comment

Secret

Page top