必要な抜け道と出会う時がある


IMG_0181.jpg


最初にここにも書いているように

私自身は、占いは「嗜好品」だと思っている。

タバコやコーヒー、お酒などのように。

嗜好品というのは
手放せない人もいる反面、
それがまったくなかったとしても
人生に何の支障もない人もいるのだ。

占いも
これに当てはまると思っている。

占いを使う人と、使わない人

この違いはなんだろう?

***

クライアント様からのフィードバックを頂くと
その発展具合に驚かされることが多々ある。
コンサルテーションで話し合った以上の成果を
ご報告いただくことも少なくない。

占いを使う、ということは
一種の「抜け道」を使う事なんだろう。

てっとり早くて、ずるい方法なのかもしれないな、と
ちらりと思ったこともあるけど。

それでも、
クライアント様のお話を聞くと
そうじゃないんだな、とわかる。

「成し遂げなければならない事」や
「到達しなければならない場所」へ向けて
もっと、もっと、
沢山の気力や体力を注がなくてはならない、
そんな方達ばかりだったから。

だからこそ

不必要に悩んだり、迷ったりで、
余計な時間を使わないですむように。

自分以外のものになろうとして
苦しんだり、迷ったりしないように。


そのための「抜け道」として
私を手繰り寄せて頂いたんだろう。

「抜け道」は楽をするための道じゃなくて
本来の自分の進む道に全力を注げるように
スッと引かれた指針。

もちろん占いなんてなくても、
迷わず、悩まず、邁進できる時には
やっぱり占いはいらないのだ、と思う。

ただ、
悩まない人、迷わない人、というのはいないと思う。
悩まない、迷わない、という状態があるだけだ。

どうその状態に持っていき、キープしていくのか?

自分の心身の機嫌を上手に取る方法は
それこそ無限にある。

占いもその一つ。

人生にスッと一本の指針を引くためのツール。

人にひかれたくなければ自分で引けばいい。


***


秋から1dayレッスンや基礎講座を開催します。

私は鑑定をさせて頂くのも好きですが
みんなで星を読むのが大好きです。
人生が輝く方向を探れるのが、星読みの醍醐味。

ホロスコープを読む、ということは
自分の人生の地図を手に入れるということ。


ほっといてもそうそう、人生の本筋ってズレてないけど。
でも、もっと能動的に自分のエネルギーを向けていけるように。
1dayレッスン 「パッと見ホロスコープ」

自分でしっかり星を読むために
一生モノの知識を身につける
「西洋占星術基礎講座」

=お問合せ・お申込み=
amemoriaco@@gmail.com @をひとつ抜いて送信してください

ぜひご一緒に星読みの楽しさを味わいましょう!


スポンサーサイト

スカイプ鑑定のご感想を頂きました | Home | インナーチャイルドカード

Comment

不必要に悩まないよう、迷わないように占っていただいたはずなのに。
導きを受けて、進みはじめようと思っていたのに。
そんな時に私を離してくれない彼がいます。
やはり彼からは私を切らない。
まだまだ迷いは続きそうです。
やれやれ…

2016.08.26 (Fri) | きたのそら #- | URL | Edit

きたのそらさま

先日はありがとうございました。
迷いも道中のうち、です。
ご自身が晴々と輝ける方向へ向かってくださいね。

2016.08.26 (Fri) |  雨森 亜子 #- | URL | Edit

Post comment

Secret

Page top