占い師を選ぶのは…②

以下、以前コンサルテーションを受けて頂いた
女性経営者様の言葉。

占いは好き。当たるのも知ってる。

ビジネスの世界で
こういうのバカにして使わない人いるけど
本当にもったいないと思う。

だって流れって確実にあるもの。
それを無視するなんてもったいないわよね。

だから節目節目で色々な占いで見てもらうの。

でも自分で勉強しようとは全然思わないの。

私はビジネスが得意。
だからビジネスをする。
そこに時間もお金も労力もつぎ込むの。

わたしはビジネスが得意なのに
占いを勉強するのはもったいないわ。



これです。とっても効率的な考えですよね。

占い師に見てもらう、という選択をするのは
無駄な努力と時間を払わないため。

自分の人生の本筋から外れず
星の援護もキチンと受け取るために
占い師を選ぶ、ということですね。

こういうことサラッと言えるのはさすが山羊様!


***


あとは個人的な蛇足です。
こっちの方が長い(笑)。


鑑定時に、星についての説明をするかしないかは
占い師によって分かれるところだと思います。

私の場合、基本、しません。

絶対しない、と決めているわけではなくて
今現在、結果的にあまりしていないなぁ、という感じです。

単純に、時間がもったいないからです。

星の説明は、本を読んだら書いてある。
無料サイトだっていくらでもあるし、
星読み指南のブログは、それこそ星の数だけある。

でもわざわざご予約して、私の前に座った方には
誰でもアクセスできる場所に置いてあるものじゃなくて
「あなただけ」の話を、いつもしたい、と思ってます。

***

占い師なら星語を知っているのは大前提。

でも、その星語で「何をどうやって」話すのかは
やっぱり占星家ごとに違うのです。

宇宙をめぐる星の動きは唯一無二なのに
それを読む占星家によって
見るポイント、使う言葉がちがってくる。

面白いなぁ、と思います。
こういう違い、個人的に大好き。

私にしっくりくる言葉を使う人や
そこ、そう読むんだ!とワクワクする読みをする人、
同じ星を読んでても、好みがありますよね。
私はあります(笑)。

なので
ボチボチ続けている新月・満月読み、
その時々の星読みをブログにあげているのは
あなたのためであり、私のためでもあります。

お会いする時、お互い心地よくマッチングできるように。

自分の言葉をここに置いておくことによって
通じる方と出会えたらいいな、と思って
私はブログを書いてます。


***


自分で星を読んでみたいなぁ、って方へ。

ちょっとだけかじってみたい!という方は
「パッと見ホロスコープ」 9/15 9/20 9/23 

本格的に取り組みたい!という方は
「西洋占星術基礎講座」 9/25(日)スタート 開催決定!

お気軽にお問合せください。

占い師にならなくても星を読んでる人っていっぱいいるんですよ。
自分で読めるとホント便利!


スポンサーサイト

うお座25度の満月・月蝕 | Home | 第9回ソレイユマルシェに参加します

Comment

Post comment

Secret

Page top