さそり8度の新月


IMG_0740.jpg

意外と安定感のあった かぼちゃダルマ


2016年10月31日(月)02:37 さそり座8度で新月です。

サビアンは『湖面を横切って輝く月』

湖面に輝く月と空に輝く月
同じ「月」でもそこから得られる印象は違います。
水は集合無意識をあらわし
月は個人の感情をあらわします。
環境と溶け合い、その一部となった自分を
静かに見つめ、感じ取っていきます。


***


変容のさそり座新月。
東京チャートでは自己価値の2ハウスにイン。

この新月では、理屈や理性に逃げずに
感情や印象を、受け取り、観察し、
味わうことが主題となります。

新月にはチャートルーラーの水星が寄り添い
うお座の海王星とピタリとトライン。

「虫の知らせ」とか「なんとなくの違和感」
こういったものは、なんだか理由のない物のように思われますが
実は、細かい細かい、観察力が総動員された結果、
導き出されたものだったりします。

顔色や目線、言外に匂わす雰囲気など
人は思った以上の情報を発信し、
そして受け取っています。

本当は○○して欲しいんだろうな…
○○は望んでないのかも…
実は○○っていいたいんじゃないかな…

本人が「察して」を発信してるつもりがなくても
周りが受け取るもの、そこには膨大な情報が含まれているのです。

「ノンバーバルコミニュケーション」と呼ばれる
言葉を介さない意志の疎通は
ついついないがしろにされがちで、
ふと気づいたとしても、
意識外へと追いやられがち、です。

この新月では、この言語外の情報を
五感をフル動員して、受け取りましょう。


「無言の圧迫感」に従う事や
かまってちゃんのぶーたれた表情を
うんざりしながら伺う事ではなく

現実的に目に見える現象や
発信されるものごとを丁寧に観察し、
「ああ、そうなんだ」と
そのまま受け取りましょう。

裏を読んで勘ぐる、のではなく
あなた自身が敏感なアンテナとなり
そこから導き出されるものに目をふさがないで。



いて座の土星は3ハウスで金星と合。

相手の意向を感じ取るほどに
自分の意志を表明することは難しくなります。
完全に同じ意見、同じ気持ちってことはないですからね。

でも、そのアンマッチを恐れずに。

苦しくても、言いにくくても
ここで表明しておかなくてはならないことや、
チャレンジしておかなくてはいけないことが
確実にあるはずです。
 
あなたがここで
最低限の譲れないラインを
キチンと表明しておくことは
これから先、あなたを守り、
方向づけるための指針となります。


さそりの真骨頂は
異物を取り込んで、新しい価値観を生み出すこと。

さそりの世界は50:50じゃありません。
30:70かもしれないし
1:99かもしれない。

言葉にするには憚られるような
汚いものも、美しいものも
さそりの世界の深淵からは覗けます。

相手に差し出して、何を生み出せるのか?
この人と組んで、何を得られるのか?

大きく崩れたバランスだからこそ、
生み出せることもあります。
思い切ってみるのには、いいタイミング。

火星と冥王星はやぎ座4ハウスで合。
社会基盤を作り変えることに
ずっと取り組んでいる最中。

これからのあなたを作り変えるために
誰と、何と、向き合っていくべきなのか
曇りのない目でしっかりと見極めていきましょう。


***

11/15(火) 「パッと見ホロスコープ」
9-11時 はしらデリ&カフェにて。受付中です!
スポンサーサイト

西洋占星術基礎講座のご感想 | Home | 「パッと見」でやること・やらないこと

Comment

Post comment

Secret

Page top