冬至 自分の種をみつけましょう

今日は冬至ですね。

西洋占星術でいうと
冬至=やぎ座のスタート、です。

一年で一番、太陽の出ている時間が短い日。

陰が極まり、
これから陽へと転じます。


冬至入りタイムは19:44です。

ちなみに今年2017年12/21は
19:44以降のお生まれであれば、やぎ座さんとなります。
今日のお生まれでも19:43まではいて座です。

西洋占星術で出生時間と場所を伺うのは
こうして刻々と天体が動いているから。

生まれたその土地で、太陽がどの位置にいたのか?
地平線と太陽の軌道の交差するところが重要なのです。


冬至=やぎ座

春分=おひつじ座

夏至=かに座

秋分=てんびん座


3か月ごとの季節の大きな切り替わりは
西洋占星術では
火・地・風・水の各エレメントの
活動宮と一致します。

活動宮はスタートする力。

冬の始まりの活動宮はやぎ座です。

***

冬。

命の輝きやみずみずしさは最小限となり

植物も乾いて、軽く、小さくなる。

大きくそびえたつ大樹も
元は小さな一粒の種の姿です。

乾いて軽く小さくなった種には
命の可能性が全部詰まっています。

動物は冬に活動を抑え、冬眠し春を待ちます。

冬枯れする森の中で得られる
最小限の栄養で生きて
春まで命を繋いでいくために。

***

今日は自分の底を見る日。

環境や他人など、
自分以外のものにエネルギー源を求めず

何をどこまでできるのか?

自分が外界と繋がるルートは何か?
 
命綱と言えるような、
最低限の光の中で輝く命の底力。

自分の底の底をさらって、目をこらして
自分の種を見つけましょう。

スポンサーサイト

星読み会 1月はアウトプット強化!の巻 | Home | あやしい世界へウェルカム

Comment

Post comment

Secret

Page top