インフルエンザになりました

2月の雨森亜子⇒★

「パッと見ホロスコープ」日程変更してます。2/3⇒2/10

東京鑑定はご予約済です。次回スケジュールをお待ちくださいませ。

2/24(金)「カラダのリズムと月の満ち欠け」⇒★募集中です。
日々の揺らぎを自分で整えるためのWSです。


IMG_1353.jpg

かにに個人天体3つ持ちの友人からLINE
「ウッドデッキにちょっぴりエサ置いてきた~」
おでん!優しい!食べられる!おいしい!




インフルエンザになりました。
大変ご迷惑をおかけしております。

私は熱が下がりましたが、
同時に罹患した家族がまだ不安定なので
念のため多目にお時間頂きたいと思います。

Skype鑑定は2/8より、
対面鑑定は2/10以降で承ります。

既にご予約済のお客様には
再調整させていただくことになりまして
申し訳ございませんでした。

出来る限りご希望に添える形で調整させて頂きますので
どうぞよろしくご検討ください。





旦那さん以外の家族全員インフルエンザになりました。
私とムスメは発熱した時間までほぼ一緒。

私、生まれて初めてインフルエンザになりました。
薬局で優しいお姉さんの指示の元
3人でイナビルをスースースースー(4回)してきました。

みんな食欲ないので、薬飲むためにとりあえずお粥を作り
ムリヤリ喉に流し込む(ノド痛い)。

旦那には前日残り物のカレーをサーブして。

ギシギシ痛む体を引き摺りながら、
子供の熱計って、水分与えて、薬飲ませて(×2+自分)としてる中、

「ねえ、これおかわりある?」

と食卓で旦那がおっしゃいますのよ。

「あります。ご自分でお願いできる?」

といったくらいじゃ、バチ当たんないと思ってるわ!!

そんなささくれ立ったw私のところに
かに座のお友達からの差し入れ。
ジンと来ました(涙)

***

私はかに座土星持ちなんですよね。

昔、占星術を知らないころは
いわゆる「かに座的」なコミニュケーションスタイルは
とても苦手でした。

ぐいぐい感情を押し付けられるのは苦手。
「おんなじ」を求められるのは勘弁。
私のテリトリーに断りなく侵入して欲しくない!
「みんな」と「おばけ」はいないんじゃ!

かに座的コミニュケーションと言えば

人の懐に深く入っていき、感情の同化を押し進めていく

堅苦しく要点だけ書くとこんな感じ。

分かりやすく書くと

自分の家族に接するように、他人にも接する。

勉強を始めて、かに座に土星を持つ自分を知ってから
それはとっても腑に落ちたのです。

でも、土星が象徴するのは「自分の落としどころ」です。

いくら逃げても、やらなきゃならん。

腹をくくってからというもの
私の周りのかに座さんたちは、常に私の先生です。

ううあー!やだやだ!

と逃げ回っていた頃には見えなかった
「いいかに」「わるいかに」
の区別も段々とつくようになってきました。

あ、これは同じ人の中に、同時に存在する
いいもの・わるいもの含めて、です。

今、私の周りにはとっても「いいかに」さんが多いです。

そのかにさんたちがタイミングや環境によって
「わるいかに」になる時もありますが
その時だって「かにらしさ」の一面なんですよね。

もうね、かにの慈愛ってほんとすごい。
これ、私は55歳になったころ(土星期ね)
果たしてできるようになるんじゃろうか…(遠い目)。

私のホロスコープでの水っ気はとても少なくて
アセンダントと土星だけ。

見た目の感じと違う!というのは
昔から言われがちで、これに関しては以前にも書いてます。
これは友人の話ですが、私もこの中のギャップの大きいパターンです。
過去記事 「思っていたのとなんか違う!」⇒★


私のホロスコープで水要素は
「なんで~?」とか「苦手じゃ~!」として
初期設定されてます。

ちなみにゼロ要素の人の場合、過剰に補てん機能が発動して
本人の気持ちは「苦手」のままでも
周りから見ると「得意な人」として認識されやすいです。


半端に1個だけ持ってて、
しかもそれが試練の土星なんていう私みたいなタイプは、
後天的に人(関わる人たち)やタイミング(トランジットで星がめぐってきた時)で
補っていくしかないです。

なので、今、私の周りのかにさんたちの生き方は
私にとって先生なのです。

土星ですからねえ。ハードル高くて当たりまえ。

そして私まだ火星期なので
まだ木星期もやんなきゃならんのですよ。

それをやりきっておかないと、土星のハードルはモノにできない。

ただ、最終的に超えるハードルの高さを知っておくのは悪くない。
と思いながら、かに座さん達を眺めつつ
(これは私の中から湧いてこない・・・)とか
(こりゃ無理だ・・・)とか
コンプレックスに向き合うのです(ドMか)。

いや、楽しくなってくるんですよ。
だって「そんなん無理!」と思ってるのに
それを目の前でいともたやすくやっている人たちを
間近で見せてもらえるんですから!
現実的にどうやってのけるのかを、見せてもらえる。

あれ?これだったら私もできるんじゃない?
っていう、ハードル低いあたりから
チャレンジする意欲が湧いてくる。

ここらへんが苦手なんだな、というのが分かってくると
何もかもイヤ!から抜け出せて
とっても楽になりますね。

取り組まなくちゃ意味ありませんけどね。

キライや苦手が減るのは、とっても生き易くなるし
キライな人が減った、というのは
占星術始めてよかったことのひとつです。

でもねー腹くくった、なんていってても
きっとこれから先、まだまだ甘かった…と
何度も何度も思い知らされる事になるんでしょうがね。
(あ、私のホロスコープでは、です。)

熱も下がって元気なつもりで調子乗って書きましたが
結構消耗…。もう寝ます。パタリ。

スポンサーサイト

都内で「パッと見」やります | Home | 2月の雨森亜子

Comment

Post comment

Secret

Page top