双子座の新月読み

6月9日(日)00:56 双子座19度で満月です。

サビアンシンボルは「大きな古典書物」。
根本的な教養に親しめば、健全に生きられるのではないか、とういう度数です。
19度は膨らませます。昔から続く価値観を意識することによって、
これからの自分をどう膨らませていくのか、思い描いていくのです。

新月がおこるのは3ハウス。
とりあえず、やってみる、という場所です。
新月で合となる太陽と月は、ゆるく天王星とセクスタイルをとるのみ。
1h天王星は慣例から無意識に飛び出したい衝動です。
新月の目標をはっきりさせるには、湧き上がる衝動にフォーカス!です。

今回の新月では水のグランドトラインが出来上がっています。
魚座海王星と蠍座土星、そこに蟹座に入った金星で形成されます。
理解され、安心できる場にとどまって、のびのび楽しみたい気分。

同時に、冥王星、天王星、水星のTスクエアもできています。
環境から飛び出して、自分の意見を徹底的に押し出してみたいという気持ち、
これが同時に起こります。

そのせいで、行動にチグハグさがでてきますが、それもまたよし。
やみくもにでも、とりあえず動いていく事によって、自分のモヤモヤしたイメージを
ああでもない、こうでもない、と探っていく事になりそうです。

判断基準はハッキリしそうです。
敵か味方か、善か悪か。
これはいいこと、これは悪いこと。
幼いころに両親や学校で先生に言われてきたような、単純で至極真っ当な価値観、
それをあらためて思い出して、噛みしめていきそうです。

でもこれは自分にとって普遍的なのであって、一方では、とても限定的な基準です。
家庭や地域、一定条件下でのルールである、という前提を無視して
強く押し出す意見は、結果的に、誰かや何かを弾き出すことにもつながります。

でも弾き出されて初めて、自分がどうしたいのか、何を、どこを妥協できないのか、
はっきり感じられるようになる事もあるでしょう。

実家に帰って両親と話したり、おじいちゃんおばあちゃんなど
年配の人の意見を聞くことによって、次に自分がどう飛び出していけばいいのか
ひとつの基準のようなものを得られるかもしれません。
ま、きっと大人しく言う事聞いたりはしないんですけどね。


スポンサーサイト

Yogi Tea | Home | 内田篤人さん

Comment

Post comment

Secret

Page top