いて座土星 ~逆行で確認すること編~

4月の雨森亜子スケジュール⇒★

・4/21(金)14時~16時 パッと見ホロスコープ開催します。

・4/23(日)まるごと食洞での鑑定
ご予約満席となりました。ありがとうございます。
現在キャンセル待ちのみ受付中です。
 
受付はすべてこちら




4/6から、いて座の土星が逆行を始めました。
この逆行は8/25まで続きます。

これは最終チェック、
見直し、確認、再検討の期間です。



何を見直すのか?

あなたの中にある
理想、大義、信念です。

おっと、かなり大上段から構えた話ですね。
でもしょうがない。
いて座は「日常生活から遠い世界」担当。
世の理を管轄しますからね。
どうしても話が壮大になるんです。

いて座土星では
「語ることに自分の視点と責任を持つ」
ことを要求されます。

個人的な動機の出所
精神的な聖域となるもの
この先を作り上げていくためのビジョン




この逆行での見直し・再確認はとても重要なのです。
はじめに、ここでの見直しがなぜ重要なのかを
ちょっと説明させてくださいね。



以前から少しづつお伝えしていますが
今年の年末12/20に、
土星は3年ぶりに移動し、やぎ座へと入ります。

やぎ座は土星にとって「自宅」、本来の場です。
ここから新たな29年のサイクルが始まります。

すでにやぎ座にある冥王星が
古い社会の仕組みを
ゆっくりと確実に変化させている最中です。

このやぎ座へと土星が入ると
「社会の仕組みの変化」へ
個人個人がどのような分担でかかわり、
責任を持つのかを問われます。


いて座土星の現在は
「これがやりたいと思ってます」
「これから勉強します」
「私はこう考えます」
など、理念の表明が大事。
どのようなヴィジョンを
どのような手段を使い、先を描けるのかが重要です。



でもやぎ座へ土星が入ると
「現実的にできること」に対して、評価や対価が発生します。

数字、金額、肩書、時間、
わかりやすくシビアな物差しで
どんどん条件は絞られ、無駄はそぎ落とされ
現実化するスピードは上がります。


「あなたはどう考えますか?」から

「あなたは何ができますか?」へ。

これがいて座からやぎ座への流れです。

12/20から、世の中で求められるのは
「〇〇ができる」という事実です。

そのための基礎となるのが、今、この時なのです。

この先の、シビアでスピーディーな時期を
自分らしくやりがいと責任を持って送るために

あなたの、理想、大義、信念を確認しておく。

これなしにしては、この先、
「自分らしいやりがいを持って社会に居場所を確保すること」
はできません。



次に具体的なスケジュールです。
記事分けますね。




関連記事
いて座土星期にやっておくこと 
やぎ座8度の新月
いて座土星の逆行 ~仕上げのスケジュール編~
スポンサーサイト

いて座土星の逆行 ~仕上げのスケジュール編~ | Home | 太陽期の親子関係 ~おとめ&さそり冥王星の場合~

Comment

Post comment

Secret

Page top