FC2ブログ

もっと高く、もっと深く。さそり座木星逆行

先に業務連絡!
「パッと見ホロスコープ」&「基礎講座」受講者の皆様
フォローアップ&クローズド講座お知らせ用メルマガの
ご招待メールを送らせて頂きました。
受講したけど招待メールが来ていないよ?という方はご一報ください。




木星が逆行を始めました。
期間は3/9~7/11までの約4か月間。

現在の星空を運行している木星は私たちに
「自分の拡げるべき間口」を教えてくれます。

どの天体でもそうですが、逆行は、
同じエリアを星が3回通過することになるので、
その課題に3回取り組むんだよ、ということ。

今回は2回目の課題復習期間。
やり直し&見直し。

以下スケジュールと課題の進め方。
詳細はその下に。

1回目:2017.10/10~2018.3/9
2回目:2018.3/9~7/11(逆行中)
3回目:7/11~10/7


▼1回目、昨年の秋から、
あなたが深く関わり合うことになった関係性を
思い返してみて下さい。

相手のリソース(人脈、財、知識、方針など)を受け入れて、
あなたが変化することになった関係性があれば、
そこが大注目ポイントです。

大好きとか必要とか以外にも、
嫌いでもイヤでも切れない、
深い関係性ってありますからね~。
それも含めて。

▼これから始まる2回目の逆行期間では
1回目でやり残したことを見直して、
足りなかった事はやり直します。

特にパートナーシップ。
一方的な我慢を強いる、強いられる関係は
ここでキチンと向き合っておきましょう。

大きくバランスが崩れている関係だとしても
相互理解の方が重要です。

GW過ぎたあたりの5月~6月、特に6月頭あたりは
痛みを感じないように、自分に目隠しをしがち。
状況をしっかり見極めて。


▼3回目であなたはやっと、
自分ひとりの力では、決してたどり着けなかった
価値観や財産を手にいれていることでしょう。

ご自分のホロスコープがある方は
どのハウス、どの天体が刺激されるかを
どうぞご確認くださいね。



さそり座木星の恩恵は、

ひとりでは到達できないところにも
誰かの助けを得れば届く、ということ。

だからこそ、

人から受け取るもの
もしくは人へと差し出すものを吟味する

差し出す相手を見極める選択眼を持ち、
差し出されるものの扱い方を考えること。


自分がどちらの立場に立つのかは、
関係性の中で変わると思います。



さそり座ってもともと
「間口を閉じた」サインなんですね。
とても静かで、密やかで、慎重。

なぜならそれは、一度「始める」と
途中で引き返せないってわかってるから。

だからこそ、一度心を決めてスタートしたら、
そのやり方はとても大胆でトコトン、です。
毒を喰らわば皿まで。一蓮托生。

破壊と再生の冥王星を
支配星に持つサインだけあって、
始めることと変容することはセットなのです。


さそり座に木星が入ったことにより、
この変容にまつわる深刻感は
「よきもの」として受け取りやすくなっています。

変容には痛みを伴いますが、
この痛みに鎮痛剤(木星)が処方されてるんです。

(5月~6月には麻酔(海王星)も効いてくる。
まぁこれはちょっと良し悪しなんですけど、
それはまた追々。)

人と関わることによって、自分が別人のように変化すること。
いつもなら痛そうで怖くて踏み出せない、そんな人は
今年がチャンスです。

自分の中に他者を受け入れる決心をすると、
今までの自分だけでは見られなかった、
高みにのぼり、深さを体験することができるのです。



悪い出方としては
「搾取される事へのあきらめ」
「他人のリソースの食いつぶし」
なんかですかね。
どちらも気を付けたいものです。
(これ下の追記にちょっと書いておく。)


木星逆行中にもう一度、
自分自身の理念を確認して、
本当にあなたにとって必要なパートナーかどうか?
高い視点と深い洞察を持って、
何度も繰り返し、確認して下さいね。





雨森亜子の心理占星術鑑定
「星のコンサルテーション」へのお申し込みはこちらまで。
お申し込み・お問合せ
上に書いた、さそり木星の悪い出方、

「搾取される事へのあきらめ」
「他人のリソースの食いつぶし」

最近だと、裁量労働制とか、さそり木星の匂い…。

さそり座では性的な問題も含みますから、通常日の元にさらされにくい問題が、社会的な場で取沙汰されることとなります。

ハリウッドの大物プロデューサー、ワインスタインのセクハラ&パワハラ報道が10/8、
ジャーナリスト伊藤詩織さんの準強姦もみ消し事件についての手記「Black Box」の発売日が10/18、

10/10にさそり座に木星が入った影響の例としてすでに各所で既出でしょうが、とても興味深いな、と思いました。

サインに入りたての天体は、最初ちょっと生々しい出方をすることが多いんです。
悪い面とか未熟な点が目立つような事象として現れやすいと思います。

これがサイン後半になってくると、良い面やこなれ感が出てくるようになります。

木星や土星は社会的文脈で語られる天体です。

木星は多角的なものの見方で、理解を深め、広げていく役割。

逆行期間では、まだ議論されつくしていなかった問題が、再度俎上に載ることになるでしょう。

木星が次のサインのいて座に入るのは11/8、そこまでに社会的に良い流れや理解の広まりを願います。



スポンサーサイト

うお座27度の新月 | Home | おとめ座12度の満月

Comment

Post comment

Secret

Page top