FC2ブログ

やぎ座火星は”ちはやふる”


昨日、テレビ「ちはやふる下の句」がやっていて
そのお話の中で「ちはやふる」と「あらぶる」の
意味の違いが、独楽を回して説明されてたんです。

「あらぶる」はバランスが悪いぐらぐらな回転。
不安定な様子。

「ちはやふる」は一見止まっているように見える高速回転。
集中し、安定したエネルギー。

これを見て、ああ、とても火星っぽい話だな、
と思いました。


*** *** *** ***


2018.3/18(日)AM01:40に
火星がやぎ座に入ります。

日曜朝に起きたら、もう火星はやぎ座です。

火星は「攻め」の天体。
情熱、熱意、積極性、活力、
闘志、争い、衝動、征服欲。

火星マークの矢印が指し示すように
その方向性が重要。

その方向付けが不安定だと
「あらぶる」火星になってしまって
周囲や自分を傷つけることになります。

キッチリと安定した方向付けをされた火星は
「ちはやふる」火星。
自分のエネルギーと環境のエネルギーのバランスが取れて
軸を失わず、ずっとまわり続けることができます。



今年のやぎ座火星期間は
3/18~5/16の約2ヶ月と
8/13~9/11の約1ヶ月。
(逆行するのでちょっと長め。)

やぎ座に入る火星はとても優秀なんですね。

目的に対して、スピーディーで無駄を省いた
現実的なアプローチで、結果をモノにします。

火星の動きを追うと
「今の自分が何に力を向けるといいのか?」
がわかります。

今、やぎ座には冥王星&土星がいるので
やぎ火星がポジティブに発揮されると、
冥王星でパワーが強大に増幅され、
土星でパワーの安定供給が可能となります。

このパワーの焦点化は
4/3がピーク。
4/18頃には、環境との調整がかかるでしょう。



火星の力を使うには、能動性が不可欠。
「自力で」「自発的に」アクションしなくてはなりません。
棚ボタでラッキー!とか、残念ながらありません。

受け身なアナタは火星の恩恵は受けられませぬ。
受け身なまま、自力で使わない場合は、
ふりかかる火の粉として、外部からやってきますよ~。

「あの人のせいで~」とか
「私は何もしてないんだけど~」とか
「向こうが勝手に~」とか
こんなフレーズが出てきたら、
それは火星を使ってない証拠です。

ちゃんと使ってる火星は
どこへ向かっているのかがハッキリしてます。

自分のホロスコープがある方は
やぎ座が何ハウスかを確認してくださいね。
その領域が、5/16までアツいところですよ。

「ちはやふる」火星の力を
あなたの人生の、どこで形にしますか?



4/3には火星と土星が重なり、
アクセルとブレーキを同時に踏んでいる状態になります。
これ、特に新生活に飛び込む方には
ちょっと心構えが必要だな、って思っています。

という訳で、やぎ座火星のお話、また書きたいと思います。

それでは続きはまた今度。
今夜は新月なのでこの辺で。




鑑定のご依頼はこちらまで

お申し込みフォームお申し込み・お問合せ






スポンサーサイト

はしらマルシェvol.2 ありがとうございました! | Home | 日曜日「はしらマルシェ」で占います

Comment

Post comment

Secret

Page top