FC2ブログ

「向いてる仕事は忍者です」と言われたら?

サイゼリヤのメニュー、真イカのパプリカソースが、
漁獲高が激減したために終売とのこと。

「海の資源もこうして少なくなってるから
これから寿司屋を目指すのは先細りじゃない?」
「じゃ日本食の職人の方がまだいいかな?」
なんて、将来の夢:寿司屋の息子と話していたら、

「私達の世代って、将来の夢が持ちにくいんだって。
”こんな職業につきたいな”って思っても、
いざ自分が働く時期になったら
その仕事自体がない、なんて可能性が高いから。」

と横で聞いていたうちの姉さんが言っていて、
なるほどなぁ、と思いました。

そういえば、授業参観に行った時、
壁に貼ってあった個人壁新聞の「将来の夢」の欄に
結構な割合で「考え中」と書いてありました。
ええ?!そんな回答、ありなの?

「昭和の中学生が”考え中”なんて書いたら
絶対先生からやり直しさせられたよね~」
と、お母さん同士で笑っていたのですが
これも時代背景なんだな、と思わされた次第です。

数年前に”将来無くなる職業ランキング”が
ニュースになったように、
”将来なりたい職業”を考えること自体、
今、とてもむずかしくなっているのでしょう。



「どんな仕事が向いていますか?」

というのは、私の「星のコンサルテーション」でも
高い頻度で受ける、ご質問の一つです。

春に見た映画の「メリー・ポピンズ リターンズ」で
「街灯点灯夫」が登場した時に、
昔はこんな仕事があったのね…と思ったものです。
今、ガス灯をつけて街中をまわる仕事はありませんよね。

ではその時代の誰かのホロスコープには
「街灯点灯夫向きですよ」って書いてあったって事??

いえいえ、そうではありません。

だって1000年前でも、現代でも、
ホロスコープの構成要素は同じです。
12サイン、12ハウスがあり、
その中に10天体が散らばってます。

じゃ、街灯点灯夫さんのホロスコープには、
いったい、なんて書いてあったのでしょう?

・ひと所にじっとせず、動き回る方が向いている
・時間に正確で責任感が強い
・火やガスを扱うことへの適性
・単身で動く・・・

ホロスコープからは
だいたい、こんなことが読み取れるんじゃないかな?
と私は考えます。

そう、ホロスコープからわかる「職業適性」は
職業を人に当てはめるのではなくて、
「その人の持つ資質が、社会でどう表現されるのか?」
を考えていくのです。

特定の職業名は、あくまで二次的なものです。

そして心理占星術ではさらに
「その人が社会活動で満たすべき欲求」
も合わせて読み取っていきます。



では前出の街灯点灯夫さんが
「僕、転職したいんですよね」と言ったら、
次にどんなお仕事が考えられるでしょう?

現代だったら、そうですね…
今、私がパッと思い浮かぶもので、
「自動車の営業などは、いかがですか?」なんて、
まずは、水を向けてみてみますかね??

そこをキッカケにして、御本人の興味のありどころや、
今までの経験をもとに、他にも応用、展開して使える、
その人が持つ資質、今までの発揮の仕方などを、
色々伺ってみたいかな??

別に「自動車の営業」じゃなくてもいいんですよ。
これはあくまでお話のキッカケ。
ここから連想ゲームのように、
クライアントさんと様々な可能性を検討していきます。

例えばこれが、
もっと人と深く触れ合いたい、話がしたい、など
今のお仕事の範囲では
「満たされない欲求を満たすため」の
転職のご相談なら、話はまた転がります。

「外周りじゃなくて、デスクワークしてみたいんですよね」
というご希望であれば、
今まで使っていなかった、別の要素をホロスコープから探り、
今までとは違う働き方や職種を考えてみたりするのです。

メリーポピンズリターンズの舞台となった
1935年のロンドン、まだ馬車も現役ですが
自動車がそろそろ盛り上がってくる時代です。
未来ある転職を考えた時に、自動車関連は、
ひとつの良いご提案になるのではないでしょうか?

街灯点灯夫の彼、ナイスなお人柄で人当たりも良し、
彼のホロスコープにはきっと、
接客向きの要素も見つけられそう、です。



誰でも複層的に、様々な要素を持っています。

仕事でその全部を満たさなくても、いいのだと思います。

飯のタネ、と言われるライワークと
天職と呼ばれるライワークについてのお話も、
コンサルテーションでは良く話題に上がるものです。

趣味やボランティア、家庭や友人関係など、
仕事以外のフィールドの方が発揮されやすい、
あなたの満たすべき欲求もあるかと思います。

とはいえ、人生の中で大抵の人が
結構多くの時間を費やすであろう「仕事の時間」、
どうでもいい、時間さえ過ぎれば、お金だけ貰えれば、
なんていうのはもったいない。

今いる職場や今の職種のままでも、
自分の適性に沿った考え方や
振る舞いにチェンジするだけで、
周囲の評価、ご自身の満足度が上がった方のお話も、
これまで沢山伺ってます。



うちの姉さんには

「生活の中で興味の湧くことや、
自分はこれやっても他の人より苦にならないみたい?とか、
これは割と得意かもしれない、とか、
そんな事について、今のうちに意識的に取り組んで
沢山、経験値上げておくといいと思うよ。」

と言っておきました。

私自身の経験としても、転職して職種が変わっても、
その中で発揮されている要素や、
評価を受けやすい部分は、
結局あまり変わらないんだな、と実感しています。

もちろん「その要素において」の、
成長や切り口の違いは出てきますから、
同じことやるわけではありませんけどね。

ま、占いじゃなくても、
「人生の成功パターンを見つける」なんてメソッドは
今の世の中、それはもう、沢山あります。

せっかくここまで読んでいただいた方だったら、
今の仕事にふと疑問を感じたり、
自分の可能性をもっと広く考えてみたい時、
人生の節目で、是非一度、
ホロスコープからの情報を検討してみませんか?

色々あるメソッドの中の一つとして、
占星術は、結構オススメできますよ~!

だっていろんなコンサルタントさんとか、
カウンセラーさん、進路指導の先生や、
人を扱う職業の方など、
たくさんコンサルテーションにいらっしゃいますから。

実はプロこそ、結構使ってる。

それが占星術です。



あ、余談ですが。
「メリーポピンズリターンズ」の劇中には
街灯点灯夫さん達が沢山出てきます。
アクロバティックなダンスを披露したり、
ビッグベンに登ったりするんですけど、
これが結構すごい!

映画終わりのエンドロールに
「パルクール」の文字を見つけて納得!
街灯点灯夫さんたちは、
どうやらパルクーラーだったみたいです。

パルクーラー、江戸時代だったら忍者かしらね?






最新の雨森亜子スケジュール⇒★

鑑定のご依頼、講座へのお申し込みは
お申し込みフォームよりお待ちしています。


お申し込みフォームお申し込み・お問合せ





スポンサーサイト



無意識×星読み=具現化スピードMAX! | Home | いて座26度の満月

Comment

Post comment

Secret

Page top