ヨガのお話

やっぱり長いね、通常運転。
趣味のヨガのお話です。

なぜ、占いイベントでヨガ?と思われた方は、どうぞお読みいただけるとうれしいです。



***




ヨガ

ウッティタハスタパダングシュターサナ 
バランスのポーズが好きです



初めてヨガ、というものを知ったのは小学生の時でした。
友達のお母さんがヨガの先生で、その子の家に遊びに行った時に
みんなでその子の家に沢山あった本を見て、ポーズをとって遊んでいました。

その後、社会人になってから
スポーツクラブでヨガクラスに出たりしましたが、
ストレッチと何が違うんじゃい?とつまらなくてそれっきり。
時間合わせに何度かクラスを取ることはありましたが、それだけ。

ムスメを妊娠中、暇だったので同じく妊婦の友達と一緒にマタニティヨガへ。
基本、無理しない、無理のできない体で臨むクラスだったので、
その分、今までのスポーツクラブとは比べ物にならない位、
呼吸や体への意識をすることができました。
ここで私は、ストレッチとヨガはなんか違う!!と思ったのです。
いや、たいして違わないんですけど
呼吸ってすごいな!という事に気が付きました。

産後、体があちこちボロボロで、
旦那さんがいる時に、家から徒歩2分の中国整体へ通っていました。
不定期にしか行けず、いくらプロに揉んでもらっても焼け石に水。
「体、自分でも意識して動かしなさいよ。ヨガがいいみたいよ、ヨガ」
と中国人の先生に、なぜかヨガを大プッシュされ、
帰りの足でそのまま本屋さんへ行き、
一番薄くて大判のDVD付のヨガ本を買いました。

1回やったらびっくりする程ハードで
これは私のやりたかったヨガではない、もう2度とやらないな。
と思いました。
でも、開始5分で滝のように汗がかけてスッキリしました。

そんなに短時間でスッキリできる事なんてなかなかないぞ、と思い直し、
翌日から、家でできるだけやるようにしました。
そのヨガは、アシュタンガヨガという種類でした。

1カ月以上続いたので、ヨガマットを買いました。
たまにクラスにも参加しました

1年続いたのでブラックマットを買いました。
最初のマットはボロボロになっていました。

自分の時間が全然持てなかった初めての育児中、
育児以外の事をするのはとてもいい気分転換になりました。
うちの子は、昼寝はせず、夜も1時間半以上連続して寝ない子でした。
なので集中してヨガが出来ない、というストレスはありましたが、
体を動かす努力をするだけ、マシになりました。

2人目を妊娠中も、ずっと毎日アシュタンガヨガを続けました。
いつの間にか上の子も一緒にヨガをするようになりました。
育児も楽しくなってきました。
産後はペースを落としながら続けました。
毎日必ずヨガをしなくては!とこだわらなくなりました。

2人目の子はアレルギーが酷く
卵、乳製品、小麦、大豆が摂れませんでした。
母乳育児だったこともあり
自分の食事制限と子供の食事作りに一日中追われました。

ヨガのペースは落ちましたが
厳しい食事制限の中でも、なるべく楽しく過ごそうと心がけました。
1人目の産前にマクロビ、産後はヨガ関係の勉強の一環で
菜食の話などが身近になっていたのが幸いでした。
もともと食べることには貪欲だったので
実験のつもりで色々と取り組みました。
家族も親しい友人もアレルギー対応生活に追われる私を
暖かくバックアップしてくれました。

その後引っ越すと、新しい環境では
今までのようにヨガに通える環境がありませんでした。
近所に親しい知り合いもいません。
また一人でヨガをするようになりました。
引っ越して2年が経つ頃、近所でいくつかヨガクラスができはじめました。


ふと気付くと、日常的にヨガに親しむようになって
10年が過ぎる事に気が付きました。
そこで、自分だけのささやかな記念に
お世話になっていたIYCの
「キレイになるヨガ」ビギナーズクラス指導者資格をとりました。

私が中国人の先生に勧められて、初めて手に取ったのが
この「キレイなるヨガ」の初版本だったからです。
初版本では、アシュタンガヨガの最初の方のポーズを
所要時間ごとに分けたものでしたが、
指導者講座のテキストにもなるvol.2は
ポーズも、アシュタンガをやさしくしたものに変更されていました。
インストラクターとして指導する予定は今のところないのですが、
自分の体の使い方、あり方を深く知っていくのは、とても面白いです。


キレヨガ


今は時間のある時に、タイミングのいいクラスに行き
アシュタンガではないヨガも楽しんでいます。
正直、できないポーズなんて沢山(笑)!
それどころか、前はできていたポーズが太ってしまって
今はとれなくなったりもしてますよ。
なんじゃそりゃ、です。

ただ、以前のように毎日シャカリキになって頑張ってはいませんが、
以前より自然な形で、ヨガが生活に溶け込んでいるなあと思っています。

子供の成長や自分の環境の変化に合わせて
ヨガとの付き合い方も変化していますが、
気付くと、大きく離れることなく10年が過ぎていました。

痩せてるわけでも、ヨガの達人でもありませんが

楽しく快適に続けています。



スポンサーサイト

夜空は暗くて、つづらは重い | Home | 乙女座の新月読み

Comment

Post comment

Secret

Page top