夜空は暗くて、つづらは重い

最近、イベントの事もあって金星についてつらつら考えてます。考え続けてます。
金星については「金星ってナニ?」こっちにも書いてます。
今お気に入りなのは、暗い金星とか重い金星について考える事です。

金星って「修飾語」の役割だな、と思うのですよ。
ただのプリンに「とろ~り」をつけてみるとおいしそう、みたいな。

でも、とろ~り、な食感が好きな方にはそれでグッとくるでしょうが、
ホームメイドな感じの「しっかり」食感が好きな人も、世の中にはいるわけです。
どっちが悪いわけでもなく、ただ、味わいが違うというだけですね。好みの違い。

誰のチャートにも金星はありますが、その状態は人によって違います。
ラクして楽しい!を素直に実行できる人もいれば、
血のにじむような努力の後でないと、うれしさを感じられない、という人もいます。

ラクして楽しい!がデフォルトだと、さらっとした楽しみに終始してしまい、
深い心の琴線に触れるような機会が、得にくいかもしれません。

もし、本来は後者のタイプの人が、痛い思いもしたくないし、そこそこでいいや、
と、過ごしていると、結局全然楽しくないし、満足感も得られなかったりします。

暗い金星、重い金星、なんていいましたけど、全然悪い意味じゃないんですよ。
きれいな星を見たければ、夜の暗い空を見上げますよね?
舌切り雀に出てきたいいおじいさんは、小さくて重いつづらを選んだら中から小判が出てきたし。
でも重い分だけ、持ち帰るのはきっと大変だったはずですよね?
そんな感じです。

金星は「味わい」なので、別に「味なし」でもいいんじゃないの?とも思ったりしました。
金星って底が浅いんじゃないの~?とか。
でも、じゃ、何のために金星はチャートに配備されてるの?と考えると、
やっぱり「お楽しみ」要素がないと、人って生きてる実感を得にくいからかも、しれませんね。


9月29日の「たわわイベント」  まだまだご予約受付中です!(⇒
スポンサーサイト

今日はお月見 魚座の満月読み  | Home | ヨガのお話

Comment

Post comment

Secret

Page top