fc2ブログ

木星がおひつじ座へ

ariju.jpg
2022.12/20 23:32 
木星がおひつじ座へ入ります。
今回は2回目。

2023.5/17まで
木星はおひつじ座を順行します。

▶ 木星がサインを変えると?
木星は社会天体と言われ、
世論を形成する働きを持ちます。
経済動向やファッションなどの流行も木星担当。
「風向きが変わった」と多くの人が感じる時、
そこに木星の働きがあります。

広い範囲から複数の視点を入れることで議論を深め、
さらに”善きもの”を追求しようとするのが、
木星の働きです。

上記の”善きもの”は、
個人が属する社会によって変わります。
占星術的に、木星の働きは、土星の枠内、と言われます。

▶ おひつじ座木星がもたらすもの

おひつじ座木星がひろげるのは
存在意義の拡大です。

意味や意義を問いて回るかどうかは別として、
ただここにいる、こうある
という、シンプルな存在のちからは
社会がその意味や意義を、
後追いで理解することでしょう。

社会天体、木星が私達にもたらすものは

・理想や可能性の拡大
・信念や信条の啓蒙
・物事をあきらかにすること

ここにおひつじ座の要素が加わります。


▶ おひつじ座の要素
火・活動宮・外向・抽象性・主観的
元型イメージ:開拓者 戦士

個の能動性とスピード、命を賭けた勝敗の概念。
直情的で率直。純粋さとみずみずしさ。
生まれ落ちたばかりの赤子のような、
むき出しの命の輝き。

反面、幼子が蝶の羽をむしるように
か弱く脆いものを、
自他の境界線を問わず、無造作に扱う、
危なさや脆さを、併せ持ちます。



おひつじ座の木星は必ずしも、
他者との共有や同意を必要とはしないでしょう。

個人の信念とは、時に思い込みや、
視野狭窄の結果かもしれません。

ここではあげませんが、
2022年1回目の木星おひつじ座期間に起こった
社会での事件や出来事を考えると、
非常に残念な形で、その象意がでていました。

それでもピンポイントに、鮮烈に、瞬く間に、
それが”露わになる”ことで、
新たな火種が社会の中に放り込まれます。

脆くて、尖った、新奇なものが、
社会に無造作に投げ込まれることで
ハッと気がつくことがありそうです。

ニュースで取り上げられるようなものは
広い世の中、共同体への注意喚起なので
マイナスなものが多くなりがちなのは
しょうがないところですが、

個人レベルでのポジティブな表現としては
・新しいフィールドへ移って行く
・未知の領域へのチャレンジ

という表現も見られ、励まされるところです。



このおひつじ座木星期間を終えると、
2025年の3月まで、木星以遠の天体に
火のエレメントはなくなります。

個人が生きる力と意義を、
この期間に大きく育てておきたいものですね。






鑑定や講座リクエストの
お問い合わせ&お申込みはこちらへどうぞ
MKB.jpg


LINE公式
LINE公式アカウントの
チャットからのお問い合わせも受け付けております。
新月・満月のお知らせやお得な情報など


メルマガ「ここだけの話」
ブログには書かない少し踏み込んだこと。


▼クリックでお気軽にご登録くださいね▼

公式aco kokodakenohanashi1.jpg

みなさまとお目にかかれるのを楽しみにしています。



スポンサーサイト



やぎ座2度の新月 | Home | ふたご座16度の満月

Comment

Post comment

Secret

Page top