サターンリターンを受けて立つ!

4月の雨森亜子スケジュール⇒★

・4/21(金)14時~16時 パッと見ホロスコープ開催します。

・4/23(日)まるごと食洞での鑑定
ご予約満席となりました。ありがとうございます。
現在キャンセル待ちのみ受付中です。
 
受付はすべてこちら




今日はかに座の月。
現在の星周りでは、かに座に月が入ると
活動宮のグランドクロスが形成されます。

これは「変化」「行動」「スタート」を強力に促される配置。

かに座に星が入ることで形成されるグラクロ、ということで
「人間関係」「感情」「仲間意識」「安心感」
が、引き金となりやすいです。

かに座後半に生まれつき星を持ってる人は、
このところ、グラクロ状態が続いてますね。

かに座は「お母さんのサイン」なんていわれるので
家族マターも、かに座案件です。



子供は親のもとで育つとき、
かならず、この世に適合するために、
自分の魂の本性ではないものを身につけて大きくなります。
これは必ずそうです。
そして、この偽りの自己を身につけた後、
本当の自分を探す旅にでないとならないのです。


谷原由美さんブログ記事
「親を好きと思っているうちは、偽りの自己と同化している。」より抜粋




今朝、ヒプノセラピスト谷原由美さんのこの記事を読んで
ああ、これはサターンリターンのことだな、と思いました。

生まれた時のホロスコープの土星に、
運行中の天の土星がピッタリ重なる時、
これをサターンリターンといいます。(略してサタリタ、ね。)

人によって前後しますが、たいてい29歳前後に
この星周りを迎えることになります。
サターンリターンは誰もが通る、
大人の自分への通過儀礼みたいなもんです。

親の価値観から抜け出して、自分の人生の舵を取る時期、です。

親や幼年期の養育者から教わった価値観は
社会と自分を繋ぐ、土台となる部分です。

サタリタでは、この土台の部分が揺さぶられます。
どこからどう揺さぶられるのかは、
その人の土星のサインやコンディションによりますが

「今までの生き方じゃダメ!通用しないんだよ!」

を、突き付けられる時期となります。

サタリタは大抵の人にとっては苦しい時期。
だって「最終武器が使えない」体験なのですから。
こうしていれば安泰、が通用しない。
自分の守りの姿勢が崩される。

だから新しい型を自ら探し、
身につけなくてはいけないんです。




もう一つ占星術的にいうと
サターンリターンは太陽期と呼ばれる
人生を方向づける時期の只中で迎えるんですよね。

太陽期は自分個人としての生き方を、強く追い求める時期。
26歳~35歳くらいまでの約10年間が太陽期です。

今までの価値観の中から必要なものだけを選択し、
人生の選択の責任を自ら取る、という姿勢を
この時期には身につけなければなりません。

・衣食住のうち、どれか一つでも親に預けている。

・日常的に親や養育者から
「アドバイス」が受けられる環境にある。

残念ですが、このような中で、
「自分の人生の選択」はできません。

これは親元で暮らしている、いない、に関わらず、です。

住居的に親元にいる、ということは
様々な家庭事情がからむため、その是非を、
私がここで一概には申し上げられませんが…。

別に住んでます、と言っても
親の持ち物件で家賃が発生しない、とか
しょっちゅう親が家を片付けにくる、とか
生活用品は親からの仕送りがメインとか

様々なパターンがあるにせよ、
親の庇護下にある、ということが問題です。

特に25歳を過ぎて親元を出た経験が一度もない、
という方は、親子共に、要注意です。
(これは別記事にするかも)
⇒しました。『太陽期の親子関係 ~おとめ&さそり冥王星の場合~』

親とソリが合わない方は
なんらかの自分基準が既にあるわけですから
親御さんの与えてくれる衣食住やアドバイスを
丁寧に辞退した上で、
自分の人生を、自分基準で進めばいいと思います。

ご両親との関係が良好、実家の居心地がいい場合
「結婚するまで家を出る理由がない」
ということになりがち。
こっちの方が、今は問題となることが多い気がします。

理由がないんじゃなくて
理由を見つけようとする気概がない

子どもにその気があったとしても
「その分、貯金に回しなさい」
などと言って、
親が子供を手元に置こうとする場合もありますね。

こうなってくると、親子で共依存の関係が起こりやすいのです。

たとえ無意識であっても
「こどもの自分」でいることができる、
「こどもの自分」であることを望まれている、

このような環境の中で
主体的な人生の決定をしていくことは非常に困難でしょう。

これは「金星期ずっとやってる病」へと繋がります。
いつまで女子でいるつもりだ問題、ですね。

生まれてから、この金星期(25歳くらいまで)までは
衣食住や学問など、
環境から用意され、与えられることがメインの
受動的な人生の時間です。(月・水星・金星期)

次の太陽期で初めて「能動性」を発達させることが求められ、
ここでやっと、自分の人生航路の船長になるわけです。

25歳くらいまでの間は、ある意味親が、
あなたの人生航路の船長代理だったわけですね。

やっと船長になったとしても
周りからあーでもない、こーでもない、言われて
それを一々聞いて、いつまでも決断を迷えば
船頭多くして船山に登る、ですよ。
ええ、人生も座礁します。

だって船長代理が言った通りにやったんだもん!
って言ったって、それを選択したのはあなた。
あなたが「自分、悪くない!」と思っていたとしても
社会的には、あなたの責任とみなされます。

***

サターンリターンは「大きな揺さぶり」なので
はがれおちたり、壊れたり、使えなくなるものが出てくる。

場合によっては「必要不可欠」なものまで
なくなってしまうかもしれない。

でもその「必要不可欠」は
ここまでの人生を守っていただけであって
これから先、必要ないのかもしれません。

サタリタでは自分の人生のプライドを賭けて、
残すべきものを「見極める」んです。

それが正しいかどうか?
その答えは残念ながらすぐにでません。
人生は待ったなし、です。

でるとしたら…
次のサタリタの58歳くらい?

って、それは大分先ですけど(笑)
約7年後の36歳くらいには
何か実感を得られると思いますよ。

選択をしない、責任を引き受けない、
ということは、

ずっと人生受け身の姿勢のまま、
与えられることを待っている

庇護される子供の状態に
自分を置くことを認めている、ということ。

金星期(15歳~25歳)から
太陽気(26歳~35歳)への移り変わりは
受動から能動への大きなジャンプです。

盲目的な支配や、無意識の依存から抜け出して
自分の人生の舵を手にするため

サターンリターンは、用意されています。

***

オンナの人生、今って多様化してるから
この金星期から太陽期への移行は
本当に大事です。

そこ、頑張ってました!とハッキリ言える人は
後に続く火星期、木星期に、
目に見えてご活躍されている事が多いです。

う~ん?何してたかな?という方でも
まだ大丈夫。巻き返す努力はできる!
そのために占星術ってとっても有効なんですよ。

どどど、どうしたら?!と迷うあなたは、
どうぞ「星のコンサルテーション」
作戦会議しにいらしてくださいね。
がっつりたっぷりやりましょう!




え、えーと、とりあえずそんなガッツリじゃなくても
ささっとピンポイントで知りたいんだけどな…?
というあなた。

太陽期って何にフォーカスしてどうすごしたらいい?とか
私のサタリタの課題ってなに??とか
ピンポイントで聞けてしまう、
メチャメチャおススメのイベントがあるんです!

4/29(土)にウラナイトナカイで開催される
「新人ちゃんイベント」に出演する

ともこエルメさん
私の西洋占星術基礎講座の卒業生さんです。

①なんでも相談 20分2000円
ホロスコープを読ませていただき、
あなた自身についてお伝えさせていただきます。
気になること(恋愛、仕事など)があれば、その点についてお話しします。

②今のあなたの磨きどころ 10分1000円
ホロスコープから、今のあなたの"課題"についてお伝えします。
課題=取り組むことで、あなたがより輝くもの。
いきいきと過ごすための"磨きどころ"をお伝えします。

③ギャップを味方につける!あなたの魅せ方 10分1000円
あなたは他人からどう見られやすい?
あなた自身が思う"あなた"ってどんな人?
この2点から、社会でのあなたの"魅せ方"をお伝えします。

予約したら10分でサクッと聞けちゃいますよ!
ご予約は以下メールアドレスまで。
tomokoherme★gmail.com
※★を@に変えてください

うお座で逆行する金星は


4月の雨森亜子スケジュール⇒★

IMG_1802.jpg


明日の朝、逆行中の金星がうお座へ入ります。
というわけで、以前長々書いた金星逆行についての記事
「動機のでどころ~金星逆行~」⇒★から
抜き出して再度UP&ちょっぴりだけ加筆。

***

4/3~4/15は、金星はうお座へ入り逆行します。
自分が感じ取った愛情を
全体へ、もっと大きなものへと
還元していく道筋を思い描きます。


神仏や、ご先祖さま、
何か特定の宗教的な信仰じゃなくても(それでもいいけど)
自然とか、地球とか、今日無事でいることとか、

そんな、自分以外の何か大きな存在へと
祈りを捧げる事を通じて
「自分は一人でここに立っているのではない」という
深い融合感と安心感を得られることでしょう。

ここでの経験は、今まで
「私だけ特別!」とか「私だからこそ!」と思っていたことが
なんだか突然どうでもいいことに思われたり

犠牲的な自分への陶酔という形で
自分を投げ出すような行動として
あらわれることもあるでしょう。

分かっていても騙されに行ってしまうような、
そんな、いたしかたのなさ、どうしようもなさ。

愛を伴う金銭授受には注意してください。
後で「はっ!」と目が覚めた時に
あれはもう禊だったんだ、だからしょうがない…と
あきらめるしかない事になりそうです。

4/9に金星は逆行を始めた直後の土星と手を結び、
「あなたの愛」に理想の形やテーマを求めます。

疑うべきは疑い、必要なものだけを抽出する。
選択や選別には、うお座金星は
痛みを感じやすいかもしれません。

でもその痛みを受け入れるだけの力も、
ここでは備わっているのです。
その痛みを感じておくことも必要なのです。

この機会は4/21にも訪れます。

***

逆行天体は
忘れてきたものを取り返す、といわれます。

うお座での金星逆行期間は
あなたの感受性が何に反応するのか繊細に感じ取り
それを記憶や感情という手段で味わうため。

心とか、雰囲気とか、感情とか
形をもたないものの美しさを味わえるのが
うお座金星期間の醍醐味。

金星って、キラキラな女子っぽさとして
取り上げられることが多い気がしますが

悲しくても、気味が悪くても、残酷でも、
そこに心惹かれる「何か」がありさえすれば

それはやっぱり金星の扱う
「個人的な喜び」なのです。



ここから1年


201703202307367e5.jpg

成田空港にて「星のコンサルテーション」
海外在住のお客様を空港でお見送りです



春分ですね。

今日は占星術的お正月の日。元旦です。

純粋で勢いのあるエネルギーが流れ出す
おひつじ座スタートの日となります。

この宇宙的お正月で設定するのは

環境にも他人にも理由を求めない
自分主体の湧き上がる情熱


これから始まる1年間を照らす意欲です。

今日のチャートから読み取れることは
これから一年間の指針となると共に、
主にこれから3か月間、6/21の夏至までに
特に強く意識されることなるでしょう。



東京チャートを見ると
この春分から夏至までの流れは、
環境に大きな変化をもたらしそうです。

奉仕と自己調整の場に太陽があり
どのような環境で働くのか?
自分をどうやって律していくのか?

こんな事を問われています。

目的を設定すると、
そこに向かって喜びと共に
相応しい方法を選択しながら
進んでいけそうです。

実はこの目的、
自分を刷新した先にあるもの。
変化と成功はセットです。

まずはマインドセットを変える。

今ここがちょうど転換点だと心得て下さい。

あくまで自分のペースでいいのです。それで正解。
堅実に進めて。

丁寧に、繊細に、
目を配り手を入れることを怠らず
自分でできることを磨き上げていきましょう。

それを何度も環境へと投げかけ
チャレンジを繰り返しましょう。


あなたが発揮する個性や活動が広がると
それに賛同し、応援してくれる人が
思わぬところから、現れそうです。

そうして「本来の自分」として繋がった人とは
これから先、価値ある関係を
ゆっくりと、でも確実な基盤として
築いていくことになりそうです。




3月、本当に目まぐるしくて
沢山の人たちから、沢山のものを頂いています。
このブログでもシェアしたいなぁと
頭の片隅ではいつも思いつつ
自分でまだまだ咀嚼できていないので
うーん、文字に起こせません(笑)。

リアルでお会いしてる方達には、
そんなモグモグしてる最中のものを
一緒に味わって頂いてます(笑)。

というわけで今週23日(木)の星読み練習会は
まだお席ございますので
是非星語りをしに、成田にお越しくださいませ。

お時間あれば終了後、
おいしいはしらデリ&カフェのランチもご一緒に!



春分チャート、私、個人的に影響ありの「関係者」なので
この流れ、本当に、変わらざるを得ないなぁと思います。

3月の雨森亜子⇒★

見えないことにふりまわされる時期ですから

3月の雨森亜子⇒★

IMG_1732.jpg

ムスメ作 ピクミン 謎の創作意欲を発揮
手を放すと頭パッカンと割れちゃうんだよ



今あちこちで「みえない」不安を感じてる人が多いようです。

昨日の朝、水星がおひつじ座へと入ったので
「前へと進みたい」
「状況を打破したい」
「今すぐできることは?」

など、どうしても先走りがち。

動けないイライラ、決まらない焦燥感など
ないまぜになった不安感が噴出しています。

まだ太陽がうお座にあるこの時期は
そのまま不安定な状態を しっかりと味わって頂く
というのが
正直なところ一番いいと思います。

ここで決定しなくてもいいものは
あえて答えを出さない、というのも
一つの有効な方法です。

3/20の春分以降、状況は流れ出してくると思います。



2/26のうお座での日蝕⇒★
3/12のおとめ座満月⇒★

この流れは本当にダイナミックで、そんな中、
いつものようには「自分で」ハンドリングできない
ということが焦りにつながっているようです。

ほんとは夜って暗いものですけど
現代社会は電気がついていて、明るいのが当たり前。

そんな感じで、本当は手放す季節なのに、
握りしめたくなっちゃう時っていうのは

ちょっと休息が足りてなかったりとか
ちょっと頭を使い過ぎていたりとか

自然の流れや、カラダの本能的な部分の声を
聞けてないのかもしれませんね。

毎年巡ってくる太陽うお座シーズンは
この「自分ではどうしようもない」という
強い流れに放り込まれる時期です。

狙ったところに着地しないし
立ち消えてしまう事もあるし
自分が大きく割を喰うようなこともある。


それと同じくらい
流されていった先が結果オールOKだったり
思わぬところから手が差し伸べられたり
大きな流れに守られている事を実感したりする。

2015年11/12におとめ座に入ったドラゴンヘッドは
今年2017年5/10にしし座へ入ります。

ということは、2/26の日蝕が
おとめ座での最後の蝕だったわけです。

おとめ座とうお座というのは表裏一体。
コントロールできるものとできないもの。
緊張と弛緩の関係です。

この「蝕」の影響が働いているので
現在は人とのご縁の切り替えがダイナミック。

いつもだったらコントロールできることが
良くも悪くもコントロール不能になる。

影響範囲がいつもよりもずっと広くて
気持ちも実務もかき乱される。

そんな感じだと思います。

おとめ座にドラゴンヘッドがあるということは
うお座にドラゴンテイルがあるんですね。

ドラゴンテイルは
前世からの因縁や精神的な繋がり、
場合によっては腐れ縁なども意味します。

そんなテイルが
精神領域のうお座にある最後の蝕の時期
ということは
精神的な大浄化、デトックス、手放しの時です。

あって当たり前
心の拠り所
表沙汰ではない繋がり


そんなご縁に関して、大きな動きがでる時。

不可避でコントロール不能。
自然で大きな流れの中の分岐点です。

これは自分に見合った大河へと注ぐための分岐点

やりきった先に委ねる
突き詰めた後に緩める

それを学ぶために、一年一度巡ってくる
うお座太陽シーズンですから。

さなぎの中身がドロドロに溶けるのは
芋虫から蝶になるまでに必要な過程です。

3/20には新しいサイクルへと抜け出します。

それまでに何もかも溶かして、混ぜ合わせておかないと。

どんな形に化けるのかは、お楽しみ、ですよ。

動機のでどころ ~金星逆行~

3月の雨森亜子⇒★


金星の逆行が土曜の夜から始まってます。
逆行期間は3/4~4/15まで。

逆行する天体は「振り返り」「反芻」を促します。
味わい直して、見直すため。
気付かなかった細部にまで、目と手を伸ばすため。

ここで振り返っておくことは、
来年以降を迷いなく、喜びと共に進むため
とても大事な下準備となります。
(ってまだ3月ですがね…。すぐよ、すぐ。)

2017年の後半には社会天体・土星が
3年ぶりにサインを移動するという
大きなイベントが待っています。
(12/20の土星やぎ座入り)

この前に「自分個人としての喜び」を
しっかりと味わっておく。把握しておく。

これはとてもとても、大事なこと。

なぜかというと、やぎ座へと土星が移動すると
今以上に「結果」を問われる社会になるからです。

やぎ座土星期に求められることは
「社会の歯車」「パーツ」となる自分を
ちゃんと提供できるか?ということ。

なので今ここで
「自分の喜び」「自分の感受性」を
ぎゅうぎゅうに確認しておかないと

これから迎えるやぎ座土星期に
つまらない、楽しくない、でも抜けられない、
評価されない、使い捨てられる…

なんていう、恐ろしいことになりかねない。

これっぽっちも、嬉しくも楽しくもないことを続けるのは至難の業。

だから今、このタイミングで
自分個人としての
「よろこび」「心地よさ」「楽しみ」
をちゃんと把握しておく。

大変=嫌な事、とは限りませんよね。
喜びややりがいを伴う大変さなら、継続的に力を注げます。

息切れせずにやぎ座土星期を乗り越えてゆくため
個人としての喜びは
モチベーションを保つために必要です。


そしてこれから先、
あなたが社会へ提供するものの中に
個人としての喜びをどう込めていくのか?

それもしっかり考えておく。

まだ9か月くらいありますけど、
「好き」を確認できるのは、この金星逆行時が最適。
12星座のスタートポイントでもありますしね。

うお座で手放し、おひつじ座でスタート。

金星が行き来する うお座からおひつじ座への流れは
「みんなのもの」「自分固有のもの」

うお座での金星は最高にその力を発揮します。
受け入れ、際限なく広がる愛、です。

おひつじ座での金星は
その受容性を少し落とし、外へと向かいたがり
荒々しい側面が出てきます。

金星は、この間を行ったり来たりします。

深く広がる無限の愛を感じ、受け止め、
自分もその無限の愛の一部なんだ、
ということを受容したら

今度は自分個人として
どう感じ取ったのか?何へ愛情を向けているのか?を
衝動的に世界へ押し出して行こうとします。

この逆行期間で掴み取るのは
「喜びの動機」

手放し、委ね、受け入れることでしか
感じ取れないものもあるのです。

「恥も外聞もなく」や「大人げない」じゃないと
掴み取れないものもあるんです。

受動と能動を行き来しながら
あなただけの「喜びを満たすもの」を探し当てましょう。




追記は金星スケジュール。

小出しにできないタイプですみません。
該当時期に分割して出そうかな…。

よかったら後から見直してみて下さいね。



Page top